FC2ブログ

いつも元気

ほんまもん001

Archive2016年02月 2/3

  • 2016年02月13日 0

    1982年竣工。村野藤吾:91才の作品全国代表者会議のために訪れた、グランドプリンスホテル新高輪(旧:新高輪プリンスホテル)『飛天の間』でレセプションを行い、宿泊は高層棟のホテル初めて、有名なバルコニーに触れるインタビュー記事により、最初はコンクリートスラブにアルキャストの手摺子を設ける予定だったことを知る最初のイメージから最後までデザインを追求し続ける姿勢部屋から掃き出しのサッシ越しに見る、出来...

  • 2016年02月11日 0

    休日の楽しみの一つ、映画鑑賞責任感のない解放されたところで、お気に入りの映像世界に浸れるのは、私の贅沢の一つ今日は朝からその為に掃除の邪魔になると言われながら・・・・居間の真ん中でメモを手元にDVDを見る準備以前から、netでDVDをいくつか購入しているものを前に、どれを見るか決めるのは、以前から楽しみにしていたものがありすぎて時間がかかる。そして決まった映画は①ウェス・アンダーソン監督の『グランド・ブダペ...

  • 2016年02月10日 0

    くっきりと青空が見える、四国中央市へ初めて訪問20年以上も前になるだろうか、ずいぶん昔のイメージは、車でこの辺りを通過するときに大気の匂いに違和感を覚えていたのを思い出していた製紙会社関連の施設のことや地元住民の人達のことを思うと・・・・いろんなことがあったんだろうと想う。昭和40年代に法改正されて、大気汚染防止法、水質汚濁法の効果がてき面地元に住む人の話では、異臭もせず空は綺麗、河の水質も綺麗に...

  • 2016年02月08日 0

    2案以上の計画を立て計画案を模型で確認しながら発見することは視線の感覚!道路からどのように見えているか?周辺からのプライバシーはどうなのか?隣家に対して威圧感はないか?快適な生活が送れそうか?材質感はどんな物にしようか?雨降りに窓は開放しても降り込まないか?洗濯物はどこに干すだろうか?スタディー模型の説得力は、クライアントにプレゼンした時に判る図面を見るより、模型を熱心に見ている自分たちの生活を目...

  • 2016年02月07日 0

    なんとなく思い出した事柄を確かめてみたいような気になり三越のショッピングバッグのデザインのことを勝手に描いてみようと思ったそのデザインを見ずに、描こうとするがなかなか正確に思い出せないので実際のバッグを目の前に置いてデッサンしてみる手を動かしながら先月香川ミュージアムでの伝統工芸展の講話を思い出していた友禅染作家:森口邦彦さんの言葉「三越のスタッフが何度か下絵を持ってくるんですが・・・何度も違うと...

  • 2016年02月05日 0

    週末、提出用に書道の朝稽古、三日目どうにか、提出して先生に見せられるものを作成何度筆を持っても、自分の文字はこうなのかと・・・・上達の少なさを振り返る他人が見るとどうなのか、せめてそれが励みになる今朝気になったこと先日、小原流(生花)の新年会で頂いた、鉢物:リーガース・ベコニアが元気なくしなだれるようにお辞儀をしていた『これは、リーガース・ベコニアですよ』と池田花店の池田さんが教えてくれた品物驚い...

  • 2016年02月04日 0

    現在計画中の住宅2題スケッチをしながら考えた・・・・平面上の計画案に連動して、スタディー模型を作成する周辺の調査は模型を作成する事とともに建物のスケール感なども現地で確認する最初から、決定打はないが最初のイメージは後々まで影響を残す場合もある頭の中で構成されたものは、紙の上に実際にスケッチしてみて考えがスタートする手と頭脳と同時進行で考えているといった方がふさわしい模型は構造を無視してどんどん挑戦...