FC2ブログ

いつも元気

ほんまもん001

Archive2016年01月15日 1/1

  • 2016年01月15日 0

    落語家の師匠が弟子の成長を望み稽古を着けるそれはどんな心境で弟子を預かり、育てるのだろうか?師匠の身の回りの世話をさせながら、習い事全般を身に付ける「修業とは矛盾に耐えること」と最初に師匠から心構えを説明されるという前座時代の落語家はただの働き人二つ目になるまでの苦労とユニークな立川流の背景はこの本を読んで鮮明に浮かび上がる師匠である立川談志の心根、またその人の師匠でもあった柳家小さんの心が垣間見...