FC2ブログ

いつも元気

ほんまもん001

Archive2015年12月 2/3

  • 2015年12月19日 0

    生け花の稽古、ならぶかたち:多面性花材ストックスプレーカーネーションレザーファン花器新型花意匠器レザーファンの躍動感とつながりを出すのが気を遣うところ主枝・副枝はそこそこに想像できるが、客枝のカーネーションの向きと高さがセンスの見せどころ中間枝のカーネーションの変化とバランスストックの三本目の中間枝の向きと高さ先生に手直ししてもらった稽古からの帰り道、大川オアシスから昼過ぎの播磨灘は澄み切って小豆...

  • 2015年12月18日 0

    20年間使ってきた国語辞典を新しいものに買い替えた三省堂の新明解国語辞典:第7版、一番売れているというキャッチコピーにそそのかされて決めた今まで使ってきた辞書は小口を見ると指の触る部分が手垢で汚れている。随分と使ってきたものだ1996年6月11日宮脇書店で購入と記載されているお世話になりました・・・・・・・・これからは、自宅に置いて、使うようにします。少し前に購入したのは、白川静先生の「常用字解」...

  • 2015年12月17日 0

    年賀状の住所をチェックしながら、思ったこと「暗くて文字が読めない・・・・【もっと光を・・・】」ゲーテの最後の言葉を思い出すスタンドのライトが40Wのなので暗いのだろうか?ならば、自転車のLEDライトを持ってきて照らしてみるホッとするくらい文字が、よく見える会社名の再確認一覧表にして、プリントして、宛名書きは手書きでするので再チェックしているところうす暗いと本当に、小さい文字が読めない老眼鏡をかけても文字...

  • 2015年12月16日 0

    今日は夕方から、久しぶりの事務所での仕事先週土曜日から今週の月曜日まで静岡翌火曜日の夕方から今朝まで岡山腰の落ち着く暇がなかったでも岡山護国神社の境内は静まり返って小雨の降った後、ゆったりと広い境内を散策できた鎮守の森が雄大で自然のおおらかさと、逞しさを感じながら静岡の研修所と岡山の護国神社...

  • 2015年12月11日 0

    来年の競書、二日目の稽古半切1/2 縦横自由「己を尊び人に及ぼす」墨が無くなるまで、筆を変え一番しっくりくる大きさの文字を取り組んでみた年賀状のあて名書きとともに、年末までは墨が渇くことがない調子の悪かったiphoneの機種変更、容量も倍にするパソコンで、自分でバックアップを取り、新しい機種に復帰アドレスの設定が正確に復旧できなくて、四苦八苦ドコモの代理店はこの機種については、基本的に顧客側で設定すること...

  • 敗戦後昭和二十年代前半時の首相、吉田茂から「曲学阿世(きょくがくあせい)」<学問上の真理をまげて、世間や権力者の気に入るような言動をすること>と罵られた、当時の東大学長、南原繁地元三本松高校の前身、大川中学校の卒業生として地元では有名な人物先日、知り合いの Nさんから、「南原繁は左翼の人ですよ!」だから言動は信じていませんと聞かされた。少し驚いて、資料を調べてみたがそれらしいことを言っている方がい...

  • 2015年12月07日 0

    公園で本を読んでいると、目の前に自転車に乗った子供が遊びに来た一人は4歳、もう一人は3歳だといっている「4歳になったら・・・・自分で乗れるん~?」「うん、乗れるだろう・・・僕も乗っているから・・・」「早く乗りたい・・・」「足で踏んだら・・いけるやろう」「できんのん~」近所の、優しい年上の人に懸命についていこうとする3歳の子供後ろで、二人の女の子が自転車の後ろを押しながら・・・・走っている近くのベン...