健康診断
- 2015/09/29(Tue) -
市役所からの案内により、毎年一度の健康診断を今年も、地元のクリニックで診てもらった
血圧・尿検査・血液検査・心電図・身長体重測定
血液と尿の診察結果は二週間後に教えてくれる。

身長は175cmから毎年減りはじめ・・・・・・173.1cmになった
体重は70~74kgの間
「いたって健康ですね」ドクターの言葉

身体の健康は微妙で刻々と変化している物、ただ一回の測定で血圧が高いとか低いとかその他のデータも信憑性があるのだろうか?
身体のシルエットや姿勢、歩き方、記憶力・考える力・視力と聴力・味覚の感覚など数え上げたら健康の指標は際限がないくらい多岐にわたる。

そして心の健康状態は、誰が見てくれるのだろうか?   とふと思った。

生きがいやりがい持って生きていますか?
未来に対して夢や希望を明確に持って生きていますか?
どんな人生を送りたいと思っていますか?
目指すべき人物像は明確ですか?
働ける仕事を持っていますか?
老後のお金に心配はないですか?
友達はいますか?
家族はどうですか?
親戚付き合いはどうですか?
趣味はどのようなことがありますか?
親・子供達との関係は良好ですか?
心の病はないですか?
etc そんなことをドクターは質問してくれない!

聞いたところで、解決方法の処方箋を書けない!
そんな薬は・・・自分で探すしかない!

本当の健康って何?
健康診断書に記載されていない事柄の方が本当はもっとも大切じゃないでしょうか?

西の空に浮かんだ朝のスーパームーンを見ながら・・・・・ふと思う

朝の月21
診断書21
診断書11
スポンサーサイト
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ