FC2ブログ
落ち葉の水滴
- 2015/08/20(Thu) -
昨夜から降った雨のおかげで、庭にもその名残りがあった
カツラの木の落ち葉、裏面に水滴が表面張力の限りにたっぷりとはじく様についている
茶色に変色した枯れた葉の部分には、それほどの表面張力を施す程の脂分がないのでしょう・・・・湿って

緑濃い葉はそれほどで無いが、カツラの落ち葉は毎年楽しみに匂いを嗅ぐ
グラニュー糖をバーナーで焦がしたような、洋菓子の表面を連想させる香りです
「砂糖菓子を焦がした香り」
「醤油せんべいの香り」とも言います

落葉の目立たない樹木ですが、製図版にする最高の素材だと勤務時代に先輩から聞かさせた
パソコンンで製図をする時代では、製図版という言葉は死語に近い
でも、木の葉の香りを嗅ぐたびにそんな一連の思い出とエピソードが脳裏に浮かぶ

横のムクゲは香りもなく、濡れた花びらを広げて今朝も咲いている

昨晩書いた、今月の秋津書道の課題、今朝見なおして・・・・・落款を押す

カツラ21カツラの水滴2
カツラの落葉2
ムクゲの水滴3
希望は永遠21

スポンサーサイト



この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |