FC2ブログ

いつも元気

ほんまもん001

Archive2015年06月17日 1/1

  • 2015年06月17日 0

    作家として世に名前が出るまで、どのような生活をしていたのか?その後の仕事ぶりから想像できるには、限界がある今年亡くなった、車谷長吉のように30代のほとんどを世捨て人のように生きたその生きた経験が、後に作家としての深みとなり魅力でもあった先日読んだ、20年前の五木寛之の「僕はこうして作家になった」もよく似たことが言える20代から30代にかけて、企業の広告雑誌の編集を手伝っていた頃「あまりにもしばしば...