風に乗って
- 2015/06/30(Tue) -
五時前の空はまだ夜が明けていなかった
それでも、東の空は青く澄んでこれから始まる一日を予感させてくれます

今朝の、講師は徳島県ハンセン病支援協会の十川さん
16日に前編として45分、今朝は後編

ハンセン病の患者さんのほとんどが幼くしてここに連れてこられた
12歳で徳島から瀬戸内海の大島青松園へ連れて来られて60年。
平成8年に法改正されて、それ以来初めての帰郷
その時ハンセン病患者さんの会話

「山が子供の時に見たのとおなじです」
「ウサギ道を、今はタクシーが通るほどになっていました」
谷を通り、不自由な手で窓を開けると
「谷風がすーっとタクシーの中に入ってきました」
「わたしね~故郷の風が判りました~」

大島青松園での女性の会話
「私が死んだら、ここから海に向かって灰を撒いてほしい・・・風に乗って、故郷に帰ります」

万年筆を握る指が無い人は手首に万年筆を固定して手紙を書いて来てくれたと・・十川さんは言う
その文字の見事さ、知らない文字が必ずある教養ぶり、その努力に感動する。
60年も人間扱いされてこなかったのに、どちらが心豊かに人生を生きているのだろうと考えさせられる。
明るく、前向きに感謝の気持ちで生きている、ハンセン病患者のひとたちから学ぶことは底知れない。

アガパンサス
ノカンゾウ
ナンテンの花
夜明け前43
アガパンサス43
ノカンゾウ43
ナンテンの花43
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物・生花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
稽古と道具の手入れ
- 2015/06/29(Mon) -
休日の稽古
生花の後は、書道。
毎月応募している、秋津書道の今月の課題
夏季競書調和体の課題は「和は万事を結実成就させる」

用紙:半切半分・縦横自由
毎週墨をたくさん摺り葉書の後に稽古する
半切にして10~20枚が休日の稽古枚数

字体辞典を見ながらお気に入りの字体を探し、何度目かで字体を決める
集中できるのは、一時間ぐらいまで
それ以外は、途中休憩が入る。
全体を見返して、墨が無くなり次第稽古終了

中屋万年筆のペン先交換が出来上がった来たので、何度か試し書き
細字を中字に変更してもらった
メーカーによって、細字とはどの程度が細字なのか?届いて、書いてみなければ感覚はつかめない
これで、ペン先の補修は2度目となる
メーカー送りは面倒だが、お気に入りの道具にはこの手間が、不可欠

今度は、花切り鋏の砥直しをメーカーとどう相談しようかと考えているところ・・・・
習字稽古65
習字稽古66
中屋万年筆43
この記事のURL | 書道・書棚から・整理整頓 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
燕子花(かきつばた)
- 2015/06/28(Sun) -
今年三回目の研究会
小原流ではこの研究会を稽古の見直し、総仕上げの意味も持たせているのでしょうか?
参加者は、初心者からベテランまで真剣そのもの、50分間の生花に掛けています。
4級家元になってから二度目の研究会、今回の写景盛花 様式本位は流派の基本形の1つ
<三株挿し>が今回のテーマ
結果は、残念ながら準優秀ならず・・・・八五点
大阪から来られた相談役のN 先生は講評の後、全員の手元へ来て、手直しのポイントを丁寧に指導していただいた
私の場合は、鋏を手に、全て寸法伐り直し、生け直して見せていただきました・・・その熱意と労力に感謝!
二十数年振りに高松に来られたと言われていた、N 相談役は 八十歳は越えていそうにお見受けしましたが、緊張感をもって最初から最後まできちっと指導されている姿は、生花に人生をかけている方だな~とお見受けしました

講師の先生は、生徒から言葉使いや、立ち振る舞いまで全てみられている存在
服装、装身具など身なりもきちっとして、取り組んでおられる姿に感心する。

カキツバタの表と裏の見分け方、傾斜させる生け方、七宝の花留め方法など
稽古では気がつかない事を、沢山学ぶことが出来た

私の直接の親先生(F先生)は、白板に書かれての指導も大変わかりやすい。
毎週この調子でホワイトボードに書かれて指導してくれる。

カキツバタ22
カキツバタ25
カキツバタ43カキツバタ44
家4 写景盛花54



この記事のURL | 植物・生花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ガラスの花器
- 2015/06/23(Tue) -
日曜日に、父の日のプレゼントということで・・
長男が帰宅して、食事の間にプレゼントしてくれた花器

Aji Glass さぬきの庵治石をガラスに溶かした・・・・瀬戸内の色になりましたというコピー
長男の嫁からもメッセージカードが同封されてあり
その言葉が花器以上に嬉しい

父の日がいつの頃からか認知されるようになり
こうしてプレゼントを頂くのも、どこかの商戦の便乗かと思うがそれでも
子供から物を頂くのは、まんざらでもない気持ちにさせられる

早速、アジサイを生けてみる・・・・・写真撮影
アジガラス43
アジガラス32

この記事のURL | 植物・生花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
白い紫陽花
- 2015/06/22(Mon) -
あまりみかけあまり見かけない白い紫陽花
ガクアジサイの全てが白い
薄紫から群青色にかけて微妙な色合いを見せるアジサイ独特の色合いでなく
こんなすっきりとしたアジサイはあまり気掛けない

そして、数十鉢はありそうな並んだハスがそれぞれ違う形で咲いていた
そしてその鉢に名前が書いていある
中国の原産が多いみたいで、中国の名称がほとんど
泥の中からスーッと伸びた茎にこの見事な花が咲くのだと
感心しながら、みろく公園で・・・・
白い紫陽花43
ハス54
この記事のURL | 植物・生花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ