FC2ブログ

いつも元気

ほんまもん001

Archive2015年06月 2/4

  • 2015年06月19日 0

    数年前に購入した段ボールでできたネコCTスキャンで断面構造をパーツにしている作り方に惹かれて確か・・・・羽田空港の売店で買ったそして、デパートで見かけた段ボールのマネキンの制作が同じ会社だと知って、納得発想が同じなのだ。表面を作らずに、細かい断面を段ボールでマネキンを作る手法そして最近の作品はもっと難易度が高い、三次元の構成が複雑で精緻これはぜひ買おうと・・・取り寄せていた一昨日夜、こそこそと組み...

  • 2015年06月18日 0

    建築を設計する職業を選んだ身としては自分自身の事を建築マニアであり、ある建築家のファンでもあると思っているその建築家の事は、執拗に資料を調べたり、実物を観たりして、事のほか興味の対象になる建築の作品集を観ながら、写真撮影まで建築家自身がするという取り組み方は稀である<堀部安嗣の場合>「堀部安嗣作品集」の表紙は居間らしきところから、窓越しに霧に包まれた林の方を見ている構図映画のシーンのようにそこに物...

  • 2015年06月17日 0

    作家として世に名前が出るまで、どのような生活をしていたのか?その後の仕事ぶりから想像できるには、限界がある今年亡くなった、車谷長吉のように30代のほとんどを世捨て人のように生きたその生きた経験が、後に作家としての深みとなり魅力でもあった先日読んだ、20年前の五木寛之の「僕はこうして作家になった」もよく似たことが言える20代から30代にかけて、企業の広告雑誌の編集を手伝っていた頃「あまりにもしばしば...

  • 2015年06月16日 0

    先日、私がコメントした内容を思い出してそのイメージの元となった本の事を思い出しながら・・・1983年に出版されて今なお売れている大学生へのベストセラー「思考の整理学」外山滋比古 著最初に出てくる言葉が<グライダー>著者は学校の教育や学びは先生に引っ張られて学習しそれに対する回答をするので、グライダーの様だという社会に出たら、これでは役に立たないと・・・・・。エンジンの付いた推進力のある飛行機になる...

  • 2015年06月15日 0

    日曜日の夕方、名古屋からの帰り岡山から高松行のマリンライナーに乗り換えて帰宅途中の電車中での事丁度満員で、座席は100%埋まっている私は若い三人家族の前、通路に立っていたその家族は、若夫婦と女の子やっと歩けるか歩けないか・・・という1歳くらいの女の子親に話しかける言葉は、言葉になっていない「ウグ・・ウグ・・・・オウイ・・」パパとかママと、言葉がまだ話しかけられないでも驚いたのはその女の子の手にお母さ...

  • 2015年06月12日 0

    住まいは、長く快適に住んでこそ魅力が増す住み心地をよくするために、手入れが不可欠です毎日の掃除、整理整頓も大事ですが庭の手入れもそのひとつ高松のK さんの家では庭師さんがきて松の剪定作業をしていた周りの低木類は綺麗に刈り込みを済ませて背丈ほどの松ですが、慣れた職人さんでも丁寧にすると、一人で二日は掛かるという毎年同じ庭師さんが松の手入れだけは、他人に任せずにしているそして、手入れする職人さんはご指...

  • 2015年06月11日 0

    津田町の鶏肉専門店「とり義」我が家では、子どもの誕生日などにオーボブルで注文して何度か頂いていた商品自宅まで配達してくれるので覚えている。津田町民はよく知っているが、他の地域の人たちはほとんどこのお店の事を知らないのでは無いだろうか?郵便局への帰り道・・・自転車でその前を通りかかた時焼き鳥のおいしそうな香りがして・・・引き返して、骨付き鳥を買う(食の営業方法として、匂いは効果的なんだ!!)と思いつ...