親の喜び
- 2015/05/29(Fri) -
幼い子供が成長して親を親と認識して
「父ちゃん・母ちゃん・パパ・ママ」と呼ぶ
親から見た、そんな子供の成長は、親の生き甲斐

それは子供が大きくなっても変わりはしない
私の父親は、私が設計者として建物を地元で作り始めた頃
近い現場は、自転車に乗って観に来ていたという
その事を改めて面と向かって、話をしたことは無いが
知り合いの人は、「嬉しそうに観に来られていましたよ」と報告してくれた
その父親も、10年前に亡くなった。
そして、この春、長男夫婦が神戸から高松に帰ってきて、整体とフィットネスクラブを開業した
其処へ二週間に一度見てもらいに通っている
右足の付け根から足先への不調
右肩のコリコリをどうにかしてほしいと
理学療法士&スポーツトレーナーである長男から、治療を受けている

自身の親子であるから、どんなことも率直に聞いたり相談したりできるのが安心なのだ
そして一番は、子供の成長ぶりを観ることが何より嬉しいのだ
治る事、治らない事、人間の体はどなたもどこか、一つは痛いところがある
西洋医学的な回答と東洋医学の様な回答をする時があり
相当勉強をしているのだと感心しながら聞いている

家内も義母も義姉もここにきて、治療を受けている
遠くても予約して整体治療を受け、知っている人から自分の体の安心を少しでも手にしたいのだと思う

その子供の成長は何よりの家族孝行になっている

そんなことを思い出しながら
先日坂出のお客さんから頂いた、シモツケをかご花入れに生けてみた
(かごの中:観音寺の石井工作所にお願いしてステンレスの筒を加工して作り、花留はワイヤーをカゴ状に丸めて作った)

シモツケ21


スポンサーサイト
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ