FC2ブログ

いつも元気

ほんまもん001

Archive2015年04月 2/3

  • 2015年04月18日 0

    この本は、インタビュー形式であるが時代の申し子のような知性の人、磯崎新が独自の視点で日本の近代建築史を語る比較的読みやすい対談本これまで同世代の建築家の事をどのような認識で受け止めていたのかもこのインタビューは判りやすく聞き取っている菊竹清訓の事を直感の鋭い、仕事の早い人・・・など磯崎から見た菊竹像から再発見させられた中でも白井晟一についての(p147) くだりは、本当に興味深く読ませてもらったそし...

  • 2015年04月17日 0

    先日、連絡があり友人夫婦が初めて事務所に遊びに来るそれならばと少し生けてみよう・・・などと不遜な考えをして<ならぶかたち>を花屋さんへ行って適当に花を選び気心の知れた友達同士でワイワイガヤガヤ話し込んでいるみたいな雰囲気で・・・・生けてみた緑の葉⇒ブプレリウム黄色い⇒チューリップ細い花弁⇒イトギク白い花⇒ラナンキュラス高い黄色いゆり⇒スカシユリ我家の庭はちょうど春チューリップが満開です満開を超えて、開...

  • 2015年04月16日 0

    新聞の書籍紹介で知った本「犬が星見た」解説の文章を色川武大が書いているので珍しいことがあるものだと本文もそこそこに巻末の解説文章を先に読む「文は人なり、・・・」とはじまる、著者武田百合子を褒める言葉で埋め尽くされている終始一貫疑うことなく、形容詞は積極的に褒め言葉のみ今朝の手習いの素材はこの文章にしよう筆で書き始めて、大袈裟でなく、ひらたい言葉であるが色川が著者百合子に絶大な安心感をもって太鼓判を...

  • 2015年04月14日 0

    今年最初に見かけた田植え一丁七反耕作しているという津田町の農家今日植えているのは、「コシヒカリ」今年は今知名度が上がりかけている、「おいでまい」も植えるという<おいでまい>とは地元さぬき弁で「どうぞ、いらっしゃい」の意味<東讃農業改良普及センターのSさんに教えてもらった情報>「おいでまい」は香川県の農業試験場で2年前から公募している、特Aクラスの自慢のお米反当り八俵の生産が一般的なので一俵が60kgと...

  • 2015年04月12日 0

    ロウバイの新葉山椒の新葉コデマリの蕾咲き始めたシャクナゲツルニチニチソウの花モッコウバラの蕾今年も伸びてきた、アメリカハンゲショウの新葉そして満開の香しいライラック庭全体が春らしくなりウミの居なくなった小屋の前にはチューリップが三本それぞれの緑を、庭の手入れをしながら写す...

  • 2015年04月11日 0

    一昨日からスタートしたフィットネス&コンディショニングスクール・「リブレボディ」の<POWER PLATE>という、珍しい機械に乗って施術してもらったスイッチにより、色んな振動する動きのプレートの上で足を乗せていたり。体を乗せていることによって硬くなっている関節を緩める運動をしてくれるもともと、柔らかい関節は、振動を吸収するのでプレートの振動を柔らかく受け止め逃がすしかし、凝り固まっていたり硬くなっている関...

  • 2015年04月09日 0

    下関に来たもう一つの目的赤間硯の作家に会う事日本伝統工芸展で知る事になりシンプルな硯が気に入りひとつ購入していた作家:堀尾信夫さん県指定無形文化財保持者でもあるあらかじめ電話で連絡していたので快く対応していただき硯を作成している風景も見せて戴いた赤みを帯びたこの赤間石は防府の山奥で採れる石とのこと他の硯石とは色味が違うので貴重な存在硯の事で話が尽きぬほどでしたが会うべき人にやはり会えたとその嬉しさ...