うどん巡り②
- 2015/02/27(Fri) -
昨日の昼食はまたうどん!
高松空港まで長女の帰省の迎えをした足で、ブログに載った「山越」へ再び
雨降りの日でもありうどんがたくさん出なかったのか、1時半に到着しても
『まだあります!どうぞ!』と店員さんが駐車場で案内してくれた

そして今日のお昼も長女のリクエストでうどんでした。
津田川の「羽立(はりゅう)」へ行ったが休業日
仕方なく、みろく公園下の「まるたけ」へ
うどん巡りを今日も行った

最近のうどん情報誌「さぬきうどんめぐり方」を見ると観光地化されて人気店を早く回るルートを紹介され
「百店満点」にもさぬき市東かがわ市からは、大窪寺の「八十八庵」一軒のみ
東讃地域のうどん店はこの類の情報には掲載されない・・・・残念ながら

昨日「山越」のうどんを食べた長女のコメント
私から「まるたけ」はどうですか?
「ま~さぬきうどんではあるけど・・・それだけ・・・、『山越』にはほど遠いな~」

厳しいコメントでした
私のうどん資料から、空港の観光案内のパンフまで・・・・
「うどんタクシー」という名称を初めて知る
百店満点
  味めぐり        うどんタクシー        恐るべきさぬきうどん
巡り方1





スポンサーサイト
この記事のURL | 菓子・料理・飲食店 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
桃の節句
- 2015/02/26(Thu) -
我家では、先日から居間にお雛様が飾られた
この場所に飾るのが珍しいのでデジカメで写し・・・・・尋ねると
家内が先日飾ったのだという
去年までは、玄関の下足箱の上と居間入り口横のカウンター上に飾っていたのに
どうやら、そこはネコのジルがいたずらをしそうなので居間へ移したらしい
我家には雛飾りに相応しい和室も床の間も無い
飾るのに適した場所は、下足箱の上か居間と食堂の間のカウンター上
居間の本棚の間は窓がある関係上ニッチ状にへこんでいたので、ちょうど飾れる場所になったのだろう
大きい雛人形と、極小さなお人形も今年は省略
二年前に正月用生花の背景に使う目的で作った手製の金屏風がその後ろに・・・使って

雛飾りも、生花も背景になる部分をきちんとしつらえて置くと飾り物が映える
お店のショーウインドーの見せ方と同じ感覚

本当に目のつくところに飾るのがふさわしい・・ならば
TVも置いてある居間がいい
飾り台になる、チェスター家具が置ける壁が大事だな~とこの雛人形を見ながら思った
居間には長く大きな何もない壁面が欲しい
チェスターも置けるし、絵も飾れる
この場所のような・・・・北側の壁面がちょうどいい

二人の娘も県外に出て今は居ない
せめて毎年飾ってあることを、このブログを通じて長女、次女へ報告です
ちゃんと飾っていますよ・・・・・今年も!
お雛さま1
お雛さま12
お雛さま13



この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
さぬきうどん巡り
- 2015/02/25(Wed) -
九州からのお客さんを迎えて、前日にサヌキうどんの事で話題が盛り上がった
その余波を受けて、早朝に 「サヌキうどんを食べに行きますか?」と声掛けすると
「ハイ!参ります!」と笑顔で返事され
自分なりに四国遍路の御接待の精神だと思うのだが
午前中の仕事を急遽変更して、ウドンツアーの為に段取りを考える

そこで、知り合いの人3名にどこのうどん店がお奨め店か尋ねると
「山越」
「谷川米穀店」
「吉本」
そして私の意見「蒲生」
という声
三本松ロイヤルホテルに前泊した関係上、一番近くの
「吉本」へ、8時の開店と同時に、ここでは<ぶっかけ>を
その後「山越」、<かまたま>を
それぞれ小を頂く。
山越えから高松駅へ向かう途中
サヌキうどんツアーバスとすれ違う
九州からのお客様はその度に
サヌキうどんの特異ぶりにえらく感心されて・・・・「信じられない!」を 連発されていた

飲食関係の人なので、味にはこだわりを持っているようで、一件ずつ噛みしめるように食べておられた
サヌキうどんのこだわりと、食文化の違いを考えながら
うどんが欲しくなる・・・・刷り込まれた食に対する記憶が鮮明に自分にもあるんだと、
自分の中のサヌキ人を感じていた。

香川県観光振興課が香川県の事を「うどん県」と自称したのは、2011年11月
これに先立つこと、1990年頃からホットカプセル(タウン情報かがわ)の社員だった田尾和俊さんたちが通称「麺通団」と称して、讃岐うどんで遊ぼう・・・とラジオで語り始めたことに発する。そして、彼らの仕事の延長で「恐るべきさぬきうどん」という本を書き上げ、新潮社文庫にまでなり、続編が続く中「讃岐うどんブーム」に火がついた。約20年以上経過して、映画『UDON』にまでもなり、今や観光バスがうどん巡りをするようになった。
本当に恐るべきサヌキうどんだと感心しながら・・・・・かまたまを食べた。

よしもと11
よしもと12よしもと13
山越うどん1
山越かまたま1





この記事のURL | 菓子・料理・飲食店 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
インタビュー
- 2015/02/24(Tue) -
日曜日のNHK番組「100年インタビュー」澤地久枝さんより
子供の頃の写真、学生の頃、社会人になった頃
時系列で、写真を交えてインタビューを進めるこの番組は良く作られていると思う
特に取材の質量が感心するほど多い
仕事に対する姿勢がどのように形成されて来たのかその因果関係まで想像できる
単なる、インタビュー番組ではなくその人のヒストリーを見ているように作られている
そして、率直に答えている澤地さんの人柄までよく伝わってくる
有名な著書
『記録ミッドウェー海戦』の資料の詳細部数の多さに驚く!
ファイルキャビネットの中の資料
日本人3,064名のファイル
アメリカ人363名のファイル
一人ずつ名前を手書きで記入して収納している
可動式本棚の収納
どれをもっても、資料を整理する心構えが尋常ではない
徹底した取り組み姿勢をそのファイリングから感じる
若い時、
五味川純平の『戦争と人間』全18巻の脚注を勤めあげた人ならではの仕事ぶり

物の整理は心の整理を表すというが、この人のインタビューを聞きながら
中途半端に整理している自分の姿勢、不甲斐なさを感じずには居れなかった

「知りません!判りません!」と恥を捨て聞き入る態度

利休百首
『恥を捨て人にもの問いならうべし これぞ上手のもといなりけり』
そんな句を思い出す
その身に着いた謙虚さ、諦めない執念、人柄の素晴らしさを感じたインタビューでした

澤地久枝 1
澤地久枝 2澤地久枝 3

この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
花の寿命
- 2015/02/23(Mon) -
『正月に生けた「オモト」がまだ元気がいいの、長持ちするわね~』
『そうですネ~先生もそう思いますか?』:21日(土)稽古時の会話

この季節、植物の寿命は長い
神棚の榊も正月のまま水を替えるだけで持ちしている
便所に飾った、正月花の残り センリョウもまだ元気
掛け花入れのバラも
先週のテッポウユリもアルストロメリアも

今週の生花:瓶花・直立型
レンギョウ・アイリス・菜の花

瓶花は足元の花留めが思うように出来たらほぼできたも同然
これほど手こずるとは思ってもいなかった処
それでも言われるように留めてみる
どうにか・・・・それらしい形にして・・・・今週の完成品
鉄砲百合1バラ1
センリョウ2センリョウ1
アルストロメリア1アイリスと菜の花1
レンギョウ・菜の花・アイリス



この記事のURL | 植物・生花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ