FC2ブログ
肱川あらし
- 2015/01/31(Sat) -
大洲市内を流れる肱川は有名な霧が発生するところ
冬の季節、温度の差が一定以上ある時
濃い霧の流れが上流から河口へ
そして風が出る時は、肱川の河口で見事な肱川あらしが見られるという
以前テレビでその光景を見ていたので
帰宅途中の車窓からも山間の霧が気になって仕方なかった

本当に川沿いに霧が山から流れ落ちてくるのはありそうだと思った

肱川あらし01
肱川あらし012肱川あらし013
肱川あらし014肱川あらし015



スポンサーサイト
この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
伊予大洲へ
- 2015/01/30(Fri) -
高松駅から、久しぶりの予讃線に乗る!
その前に、うどん屋の看板が前から気になっていたので
めりけん屋でぶっかけうどんで腹ごしらえ
昼食をとるのも久しぶり

高松~松山は「特急:いしづち21号」
 8号車両の中間から
自由席と指定席?・・・なんで?
発車時刻になるころには
指定席が混んできて
自由席はのんびり 空席が目立つ
逆でないんな~値段の高い指定席が満席で
自由席がのんびり!!
ま~こんなこともあるわな~と思いながら

宇多津で前に5両が接続され、いざ松山へ

運転席からの風景は意外と視野が狭い?
でも外から見ると、運転席の視線の高さはちょうど見たい
まるで子供に帰ったみたいに、電車の中を便所や他の車両など探検する

松山~伊予大洲は「特急:宇和海13号」
大洲までは3時間半
ゆっくり本が読める・・・・いい時間
ぶっかけうどん1
いしづち 特急14いしづち 特急13
いしづち 特急12いしづち 特急11


この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
護岸工事
- 2015/01/28(Wed) -
早朝に書道の稽古
今月の課題 「遺民連池帰之」
写真に写してみると、妙に欠点が目立つ・・・・
競書提出するほど出来のいいののが無い
自分自身を振り返り、俯瞰するということはこんなことか?
自分が思っているより、貧弱に見えたりするな~
自己中心的になりすぎない様に
時々振り返り、反省しよう

10年前の高潮で被害を受けた地元の海岸
堤防を作る工事を今年の夏までに完成させようと工事中
白砂青松の津田の松原の風景が寂しくなる
お昼休みにカメラを手に工事の進捗状況を見て回る

津田八幡神宮の御旅所から弁天島を見る
こうして見ると
津田八幡さんは弁天島と軸線を合わせて参道を構成している
その両側をただいま護岸工事中
そして、国道側は交差点の拡幅工事で立ち退きの家屋が解体中
また海も国道も風景が変わるな~
書道322
護岸工事1津田八幡13
護岸工事2津田八幡12



この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
障害物
- 2015/01/27(Tue) -
日差しの暖かい、いい一日だった
早朝のみコートを着ていたが、陽が昇ると
もうそれは必要なかった

事務所での作業はつまずき事が続く
確認申請の審査中の変更と再提出
昨年末から何度も障害が重なる

週末からスタートするリフォームの現場
ビル全体の、消防署の竣工検査済証が必要とのこと
またこれも、障害物が広がる

庭の蝋梅をまた生けてみた
その黄色い花びらを日差しが抜けてくる
近所のアカザワさんの庭
今年も沈丁花の蕾がついた
来週には開花し始めるだろう
もう少しの辛抱だ・・・・・

ロウバイ0022
ロウバイ0023
ジンチョウゲ1



この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
声援
- 2015/01/26(Mon) -
昨日、香川県文化会館で「ふれあい寄席」を見てきた。
今回は特別に、三代目林家菊丸襲名披露公演となり、内容は襲名披露が主になった

中入り後の襲名披露での口上
一番年配の柳家さん喬さんが
「皆様方の拍手が一番の力添えになります、マラソンランナーの旗を振ることと同じでございます。どうか行末永くご声援賜りますように・・・・・」と観客の拍手が落語家の一番の励みになると切々と語っていたのが、印象的でした。
講演のとりを勤めた、主人公:林家菊丸(林家染弥改め)の演題は、林家染丸師匠の十八番「幸助餅」を約40分、エネルギッシュに語っていただきました。
その話を聞きながら、そうか・・・・落語家には拍手。マラソンランナーには沿道の観客の旗振り。
私は・・・・・・
小学生の頃、運動会で私が走ると・・・・・大きな声で母親が懸命に私の名前を呼びながら
応援してくれていたことを思い出す。
その声は、無我夢中に声援を送る熱意となって心に響いた・・・・50年以上経過した今でも耳の底に残って・・・私の背中を押してくれる。

志度の国道沿いのお店
ふれあい寄席が終わって、帰宅途中立ち寄ったラーメン屋さん
店員さんの気風のいい挨拶の声、帰る時の御礼の声、清々しくてまた来てみようかと
声援を送るように・・・・・「ごちそうさん!」と言って、店を出た。

ふれあい寄席01
麺屋 軌跡1

この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ