初恋の思い出
- 2014/11/30(Sun) -
朝日新聞 BE saturday 「悩みのるつぼ」 11/29の記事より
初恋の人から50年ぶりに電話をくれたことで、相談者である70代の女性は「心臓がバックンバックン・・・・いつ死んでも悔いはないとさえ思った」という。
回答者の金子勝先生は
川端康成の「母の初恋」を例に説明、初恋は「何によっても滅びないのです」と励ます。
その方に一度お会いになったらいかがですか?と・・・・
この相談者と回答者のやり取りを読んで、初恋の記憶が滅びないという、金子先生の見解。
またそれにこだわって小説まで繰り返し書いた川端康成の事も、この相談者の事を想像し
眠れぬ夜が続くその相談者の悩みを、それほど例外ではなく
70代の女性にとっても、初恋は不滅なんだと・・・えーっそうなんやーとほほえましく思った。

休日に臨書をしながら、その記事の事を思い出していた。
悩みのるつぼ2
臨書しながら1
スポンサーサイト
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ