FC2ブログ
漢字書体
- 2014/10/31(Fri) -
漢字書体辞典で書体を検討する
全体的なバランスも見直しながら書いてみる
 縁 尋 機  妙 多 逢 聖 因
(えんじんみきみょう たほうしょういん)

良い縁がさらに良い縁を尋ねて発展して行く様は誠に妙なるものがある・・・・これを縁尋機妙という
また、いい人に交わっていると良い結果に恵まれる・・・・これを多逢聖因という
人間は出来るだけ、いい機会、いい場所、いい人、いい書物に会うことを考えなければならない。

年内に事務所移転する K君へ
もう一つは、倉敷で来月経営指針書を発表する O 君へ
額を送る予定です
その稽古中・・・・・・です。
手本1手本2
手本3手本4
手本5手本6
手本7手本8
手本10






スポンサーサイト
この記事のURL | 書道・書棚から・整理整頓 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
空のインク瓶
- 2014/10/29(Wed) -
作家の立松和平さんが亡くなった時、ご子息が父親の事を
『空のインク瓶だけが残されていました』というインタビュー記事を思い出して

この十年で溜まったインク瓶を倉庫の本棚に並べてみた
モンブラン。アウロラ。セーラー。などよく使うインクだけが13個
これ以前に使ったものは、処分したのでここにはない。
これほど万年筆で文字を書いたという事
その量に自分ながら驚く
これから先、これほどまでに書くだろうかと想像すると自信が湧いてこない
でも振り返ると、仕事とよく似て、毎年少しづつ確実に積み重ねて膨大な量になる。

墨もよく似ている、最近もうそろそろ最後かな~すり減った墨に補助棒をつけて使っている
墨はインクと違って、残るものが無い。そこで書いた書や手紙、葉書のコピーを残すようにしている
これは18年なので、ファイルが17冊になった。

インク瓶や書のコピーを残すのが目的ではないが、これまで実践してきた自分を振り返る材料として貴重だ。
本当に大切なものを残してきただろうかと反省もするが実績は励ましにもなる、
先日、知人から頂いた、仙太郎「ぼた餅」を美味しく頂きながら・・・・・・
インク瓶1
墨12
ぼた餅1ぼた餅3

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
GAGGENAU(ガゲナウ)
- 2014/10/28(Tue) -
トーヨーキッチンのショールーム打ち合わせ
高松ではガゲナウ(GAGGENAU)のIHヒーター、電気オーブン、食洗機などを扱っているのはここだけ
国産の調理機器ばかり見ていると、このガゲナウを見ると・・・驚くとともに、感動する

え~ツこんな風に使うの?
そういう風に操作するわけ!

その連続・・・・国産キッチンメーカーのリーズナブルな価格帯から高額になるが
その説得力はこのガゲナウの機器によるところが大きいと思う

照明器具、カラン類、その他もこのメーカーらしいハイテックな雰囲気は群を抜いている

トーヨー1トーヨー2
トーヨー122
トーヨー123 トーヨー124
トーヨー125 トーヨー126
トーヨー127




この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
その後・鞄の研究
- 2014/10/27(Mon) -
トートバッグは、中がオープンなので入れた品物が乱雑になり整理がつきにくい
そこで、東急ハンズが売り出している
インナーバッグが有効になる
バッグを変えても、便利なのはそのインナーバッグをそっくり移動すればよい
簡単だし、どこに何を入れるのか要領も慣れてくる

タテ型のトートバッグはこれに限る
そして横型のバッグ用に同様に東急ハンズのインナーバッグが届いた
これで縦横自在に使い分けられる

そして今度は、ペンケース

岡山での勉強会のすき間に・・・・・
何度もスケッチを重ねて検討中
革材料も勉強中・・・・始まったばかり
3年である程度めどをつけたい…と思いながら本格的に
インナーバッグ1その後の鞄123
鞄スケッチ001
鞄スケッチ002
鞄スケッチ003


この記事のURL | 車・goods・ステーショナリー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
華道選抜秀作展:後期展
- 2014/10/26(Sun) -
香川県華道協会が毎年催している「香川県華道選抜秀作展」
今年のテーマは
~花のおもてなし 大師の里~
後期展
日曜日ということもあり主婦の見学者が大半
作品も力作ぞろい
見つめながら、花器の個性、生け花と生け方の個性に感心する
どの作品を見ても・・・

後期展123  後期展124  後期展125  後期展126
後期展128
後期展127後期展129 (2)
後期展129後期展130
後期展131





この記事のURL | 植物・生花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ