イラガ幼虫
- 2014/09/30(Tue) -
庭の掃除をしながら
桂の木の葉が寂しいのでよく観察すると
イラガの幼虫に葉を食べられていた
少しピンセットで取っていたが…・
毎日増え続けている様子
以前この幼虫に刺されて痛い想いをしたので慎重に調べる
50~100匹はいただろうと思う
もう遅いかもしれないと思いつつ、駆除の薬を今朝散布する。

そして幹を切ったせいだろうか?
新しく伸びてきた枝は異常に長く、また葉の大きさがほかの数倍はある
幹からの養分がここだけ沢山上がってくるのかもしれない。

そして今年は、クモの巣が自宅も母屋も、驚くほどよく繁殖している
蜘蛛が繁殖したのか?蜘蛛が取る虫たちが繁殖したのか?
判らないが、異常なほどだ
残しておいたら、蚊や子虫をたくさん取ってくれるので、いいのかも知れないが
通路の上に張り巡らせているのも、見苦しいので・・・・・・・
ノズルからの噴射の勢いが激しい、蜘蛛駆除スプレーを一緒に散布した

桂の葉21
桂の大葉1
イラガ12


スポンサーサイト
この記事のURL | 植物・生花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
早朝の温泉街
- 2014/09/29(Mon) -
松江市玉造温泉に宿泊
川沿いに並ぶ一列の旅館、この風景はなんとも懐かしい風情を醸し出している
建物の高さが高くなったことぐらいが、きっと大きな違いだろう

宿泊した玉井別館と旅館は日本人が喜びそうなロビー空間
筆文字の額
生け花、風景画の額
ちょっと話し込めそうなイスとテーブル・・・そこに飲み物をサービスしてくれる
下足番のサービス
車の出し入れまで、至れり尽くせり
料理も最初の御膳から、次々と追加の料理が運ばれ・・・・満腹感を否応なしに満たしてくれる

翌早朝、日の出前に玉作湯神社へお参りに行く。
その時間帯でも、河原の足湯から若者の話し声が聞こえてくる

露天風呂はのびのびとして最高に気持ちいい
仕事の多忙な事も忘れてしまうほどに

玉造1
玉造3玉造4
玉造5玉造6
玉造7玉造8
玉造9玉造10
玉造11




この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
出雲大社
- 2014/09/28(Sun) -
30年ぶりぐらいになるだろうか?
久しく来ていなかった、出雲大社にお参りする機会に恵まれた
早朝の境内は参拝客も少なく、霞んでいた空気も少し澄んできた頃
大きな鳥居と、なだらかな参道がそのスケール感の大きさに圧倒されながら
見学してきた
出雲大社0
出雲大社1出雲大社2
出雲大社3出雲大社4
出雲大社5出雲大社6
出雲大社7
出雲大社8



この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
サポーターをした道具
- 2014/09/27(Sat) -
手首にするサポーターをカンナに巻いて収納している
I さんの道具箱
なぜ、サポーターなのか?
刃とカンナ台の養生を考えると・・なるほどと納得する
そして大工さんのこの道具に対する大切に扱っている心構えまで
伝わってくる。

庭からは金木犀の香りが漂ってくる・・・寒川町③の現場

カンナ1
屋根葺き後1作業場12
金木犀33

この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ガレージとホビールーム
- 2014/09/26(Fri) -
車を愛する施主の為に
ガレージとホビールームを一緒にしたような建物の計画
名前は聞いたことはあるが、目の当たりにするのは初めてのスポーツカー
ランボルギーニ・アベンタドール
アウディ S7  
BMW Edrive
どれも超高級車ぞろい
ちなみに、エンジンを掛けてもらったが、途中から排気音が切り替わる
運転席のボタンで排気バルブを調整して操作できることを初めて知る
こんな車が、市内を走行しているところを想像すると
視線を浴びること間違いなし。
乗るというより、見て楽しむコレクションの車かと思う。
乗車するのは時々

そんなガレージ付ホビールームを考えよう
ランボルギーニ1
ランボルギーニ2アウディs7
電気BMWieco

この記事のURL | 車・goods・ステーショナリー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ