FC2ブログ
太陽は希望
- 2014/08/31(Sun) -
・・・・川岸から柏手を打つ音が聞こえる。一つ、二つ、三つ、四つ。・・・・・
柏手を四たび打ち、続いて祈る。・・・・
突っ立たまま黄金色に輝く東方に向かって何度も額(ぬか)ずく。今や柏手の音はますます数を加える。パンパンと鳴るその音はまるで一続きの一斉射撃かと思われるほど激しさを増す。と言うのは、人々は皆お日様、光の女君であられる天照大神にご挨拶申し上げているのである。
「こんにちさま。日の神様、今日もご機嫌麗しくあられませ。世の中を美しくなさいますお光千万有難う存じまする。」
たとえ口に出さずとも数えきれない人々の心がそんな祈りの言葉をささげているのを私は疑わない。
     小泉八雲 「神々の国の首都」
120年ぐらい前、アメリカから小泉八雲が出雲に来て最初の時に見かけた印象風景なのだろう
明治20年ころの日本にはこのような光景がどこの地域にもみられたことだろう。
私も幼い頃、祖母からお日様に手を合わして、祈りなさいと教えられたことを思い出す。

先日、出雲市の知人のお母さんにこのことを聞くと、
「今では、外で柏手を打ってお日様に祈っている人はほとんど見かけない。
居ても、お年寄りぐらいでしょう。と言われた
でもその柏手、出雲地域では4回するのがしきたりです。
今でもしています。」  と教えてくれた。

太陽は希望の象徴
エネルギーのすべてをこの地球に与えてくれています
宇宙船地球号の中で、バックミンスター・フラーの言うとおり

知事選投票日の今日も柏手を打ち
神棚に挨拶をする

朝日005
神棚2
投票所23
スポンサーサイト
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今週の稽古
- 2014/08/30(Sat) -
今週の生花の稽古
色彩盛花 傾斜型
花材
そけい(5)・バラ(3)

生花をするようになって、よく花は枝ぶり、葉を観察するようになった
どのように見せたら綺麗に見えるのか?
他とのバランスは?
足元は、花の向きは?
花に合わせて、気持ちを切り替える
見方も変える。

お手本と同じ花はない
同じ枝ぶりもない
その花に合わせるしかない。
9月21日には、研究会。

書道の稽古
たくさんの文字を書く
自分の文字を書く
飽きるほど書く
今日は、稲盛和夫・京セラフィロソフィーの文章を書く
傾斜型 色彩盛花02
傾斜型 色彩盛花04
京セラフィロソフィー23
この記事のURL | 植物・生花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
設計者の責任
- 2014/08/28(Thu) -
竣工後17年経過した高松郊外の住宅
今月の台風11号で横風が吹き出した時に雨漏りがした
早朝、台風が通過する頃、メールを頂き暴風雨の中、すぐに現場調査に伺った
確かに少しではあるが、雨漏りしていた。
この現象は、普通の雨ではならないが、今回の台風のような時には漏るという
これは竣工した頃から、同じような現象があったと。

工事をしてくれた工務店は既に倒産していない。
そこで設計者がメンテナンスの窓口。
すぐ、お盆明けの週に瓦業者を呼び屋根廻りを観てもらう
が結論は出ず、天井点検口を開けて直接見られるようにしようとなった
再度、点検口を開口して、大工・板金・瓦職人。屋根営業・設計者
が屋根の上で雨漏りの原因を再度話し合った。

建物の周囲と風の当たり方、水切りの腐植度合い
天井内部の水の浸みた後

などの検討の結果、
妻面の換気口から水が流れ込んでいる可能がある
それも東面のみ。
対策として、足場を立てて換気口の部分を化粧材に沿ってガルバリウム鋼板で塞ぐ
他のルートも考えられないことはないが、まずその部分を検証しようとなった。
そして費用については、当初の設計図書通り施工されているので
この部分の責任は設計者にもあると考えた。
経年劣化ではなく、設計に問題があるのではないかと思うようになった。
F工務店の標準詳細図にもあるように
同じディテールの建物がたくさんあるが
風当たりが、最も激しくなる東・北の面
風をふさぐ隣家が無い場合。
昨今の様な激しい風を伴う雨にはこの換気口は雨漏りの原因になるのではと考えた

設計者の責任は言い訳を許されない。
計画を進めていた19年前には、設計者のけんばい保険はまだ無かった。
設計にも瑕疵がある事を考慮すると、建築家賠償保険は大切な保険だと思う。
雨漏り12雨漏り10
雨漏り13雨漏り14
F工務店 1
雨漏り補修01



この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
季節限定商品
- 2014/08/27(Wed) -
虎屋の4月~8月限定の商品カタログ
定番のお菓子以外に季節限定商品
地域店限定の商品
販売期間も棒グラフを示して記載している
どのページも老舗店の風格と気品が漂うテイスト
和菓子の新商品の取り組みと店舗展開がこのカタログから伝わってくる
高松三越し地下の売り場では、この虎屋の前で源吉兆庵の売り場がある
売り場面積は、虎屋の1に対して源吉兆庵は4倍ぐらいはあるだろうか?
確かに売り上げは面積に比例しているが、この丁寧なカタログの雰囲気は
見とれてしまう程魅力的。
とらや8月 1
とらや8月 2とらや8月 3
とらや8月 4とらや8月 5
とらや8月 6とらや8月 7
クライネクーヘンの入っている
デメルのビスタチオとフィグはパッケージもヨーロピアン
味も微妙で複雑な甘み、本物です

パッケージデザインは日本もヨーロッパも懸けたエネルギーが伝わる力作ぞろい!!
デメル12



この記事のURL | 菓子・料理・飲食店 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
この車は何?
- 2014/08/26(Tue) -
三本松駅前に現れたこの車は何?
よく判らんが、通りかかった人は事ごとくカメラを向けている
珍しさだけでカメラを向ける
初めて見る景色!!
この暑い時に。

[広告] VPS

EXILE12.jpg
EXILE11.jpg
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ