FC2ブログ

いつも元気

ほんまもん001

Archive2014年06月 1/4

  • 2014年06月30日 0

    <悲観的な未来を、楽観的に生きる>その2●綿密な見積もりを提出したのに、いつも予算オーバー●絶対間に合わないのに、間に合うと思い込んでしまう。●根拠は無いけど、いつか儲かると信じている。    これらは脳の楽観性バイアスで起こっている?<ターリ・シャーロット 著 : 「脳は楽天的に考える」>経験上悲観的なことが起こる日常を理解していても悠然と、楽観的に突き進む私たちの脳のバイアス(傾向)は先天的に組み...

  • 2014年06月29日 0

    来週の研究会に向け稽古が続くならぶかたち・正面性カラートルコキキョウギボウシ(擬宝珠)花器:新様式花器回を重ねるたびに、要点が判るでもこれが曲者、本番でどこか安易になっている自分に気づく見直しの復習、これからの予習、イメージのレベルアップに気を付ける庭のアジサイももう終盤この花の元気のなさが、梅雨の終わりを教えてくれる...

  • 2014年06月27日 0

    夏の花と言えば、ムクゲがお気に入り毎日、咲き続ける元気さと柔らかそうな花がいい我が家にはこのムクゲが三本あるがその内の一本が今年も咲きましたもう一つの夏の花ホテイアオイは、近所の池からお裾分けしてもらう毎年咲いていた、庭の水盤のホテイアオイはカニの好物らしく見事に無くなった虫がつかない様に、業務用花入れの鉢に生ける薄紫の重なる花が咲いてくれるのを楽しみに夏を迎えよう徳島のカフェ、カサブランカで見か...

  • 2014年06月26日 0

    今年出版された白井晟一の書籍「白井晟一の建築Ⅲ 虚白庵と雲伴居」1930年代後半から建築を始めた白井は当初、直営で木造住宅などを作っていたそれは、自身のアトリエ兼住まいも同じだった精緻な図面を見ると、とても工務店に任せて工事をするタイプではないとすぐ判る完成度を上げるために、ディテールは任せられない。きちんと描いて、難易度の高い施工を実現するそんな、地道な努力の積み重ねがそのままこの住まいにも表れてい...

  • 2014年06月24日 0

    川の増水を想定して、地上から浮かせた住宅米国イリノイ州のファーンズワース邸ミースが1945~1951年に設計したこの建物はガラス張りのシンプルさを極限まで突き詰めた建物として有名イメージはこの住宅をお手本にして今回の直売所計画も、船舶コンテナだけ利用を想定して始まった浮かす案は、途中からそしてお手本として今回選んだ形状はこの家そして明らかに違うのは、箱としての様相と雲の様な浮いた屋根コストが一番心配なとこ...

  • 2014年06月23日 0

    「ならぶかたち」正面性 の稽古<花材>カラートルコ桔梗ギボウシ(擬宝珠)<花器>新様式花器ギボウシの高さの広がり、向き全体的な流れが、今一つつかみきれないカラーの高低差と向きのバランスも稽古中トルコキキョウの花のバランスも決めきれない・・・・な~来週はもっと決められるように復習、予習をしておこう津田の松原の風景浜昼顔が咲きはじめ、夏本番、海水浴をしている人もいた海際の「海境石:津田・鶴羽」なぜこん...

  • 2014年06月22日 0

    以前から硬い皮のシュークリームが美味しいと聞いていたお店仏生山の「ひぐち」日曜日のお昼時、駐車場は満車レジ前にお客さんが並んでいる。私は、たまたま少し前に入ったので、整理番号札 1番「シュークリーム」と「こいし和菓」を買う堅焼きシュークリームは賞味期限が30分と書かれていたので・・・・断念一般のシュークリームを買う玄関すぐの所に置いてあった、焼き菓子の「こいし和菓」はふっくらとした箱が気に入り、箱...