コミック
- 2014/05/31(Sat) -
ブランドのことについて調べていてnetで買った
「エルメスの道」

知人から紹介されて、お借りしたお酒の本
「夏子の酒」12巻
いづれもコミック

ジャン・ルイ・デュマ・エルメスが冒頭で書籍にする際
日本の素晴らしい文化の一つ、マンガというメディア。
そして作家を選定して書いてもらったという。
160年の伝統あるエルメスの何度かの転換期の事
時代と共に変わってこれた企業の取り組み姿勢がこのコミックでよく判った。

一方、「夏子の酒」は著者:尾瀬あきら氏の取材力に感心した
酒米の事、稲作の事、杜氏と酒造元の関係などなど
実在の人物に何度も取材してここまで書き上げたのだろうと思う。
日本酒を試飲することもほとんど門外漢という立場でいたが、
このコミックを読んで、ものつくりの姿勢を、一人から始めることの大変さが
何度も伝わってきた。
コミックはこれまで、井上雄彦の「バガボンド」しか見てこなかったが
日本が世界に誇る、すごい文化なのだと・・・改めて感心させられた。
コミックは文学と同等です。
夏子とエルメス123
エルメス123
夏子124
夏子123

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ドクダミとカニ
- 2014/05/30(Fri) -
白い花を軽やかに
一面に着けていた ウツギ(卯の花)も
もうおしまいです
小さくしぼんだ花が皐月の名残り

その次は・・・ドクダミです
梅雨の季節に合う
逞しい、雑草のような下草ですが花は可憐です

根から取ってきて
印判(いんばん)の骨董花器に投げ入れ
花留めは、先日のサンメッセで購入した唐鐘のカニ二匹

もうすぐドクダミの似合う・・・六月

うつぎ(卯の花)5ドクダミ0
ドクダミ1
ドクダミ3

この記事のURL | 植物・生花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
野生の心
- 2014/05/29(Thu) -
自分の心が萎えてしまいそうな時
弱気になって行動が鈍る時
時々、引き出しの奥からこのマフラーを取り出す

これは7年前に亡くなった師匠の思い出の品物
「これは、あなたが持ってた方が相応しいわね!」
そういって、遺品の中から I さんが私に手渡してくれた

このマフラーをしていた師匠は本当に厳しい人だった
私に対して、今まで一番真剣に人間としての生き方を
一対一で指導してくれた
10年間の指導のおかげで、自分の中の「野生の心」とでもいえばいいのだろうか
生きていく上での、逞しい自信に満ちた心を芽吹かせてもらった
私にとっては気鋭の師匠でした

「われわれ凡人は、たとえ可なり優れた資質の人でも、最低10年間くらいは師に就き、または一人の卓れた人に私淑しないかぎり、その人の真値を発揮することはできないように思われます」不尽片言:森信三

まさしく、そのような体験をさせていただいた。

本業の建築の仕事関係の人ではなかったのが良かった
目先の仕事をに捕らわれることなく、人間そのものの力を鍛えてくれた
この世で、師匠に出会たことは今になって思うと本当に幸運だった
そのエネルギーを私にも懸けてくれた。

今日、ただ今でも
自分の中の気合が違ってくる
後世に残る仕事
真剣に取り組もうと思う・・・・このマフラーを観ていると

レノマのマフラー12


この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
葉書・手紙
- 2014/05/28(Wed) -
毎朝、墨を摺る
今朝は名刺交換した人への礼状と
ご近所のK 先生へ手紙を書く
お稽古なしの「卒意の書」ではあるが
あらかじめ、文章は検討してパソコン上で草稿をする
見直した後、筆で書く

今朝は久しぶりの筆2本
みなせ:栄華
手紙の時の筆は
一休園:特大さらしな
書き辛い筆を、筆のくせに合わせて書く

筆が違うと
こんな文字を書いていたっけ・・・?とふと思うが
これが実力、月に50枚のペースで書く葉書
この18年で6000~10000枚は書いただろうか?

巻紙の手紙はごく親しい人への文
先日、お会いした時に
「どうですか?手紙はお気に召しますか?」と聞くと
「いや~大変楽しみにしていますよ!」恐縮されながら
笑顔で返事いただいた。

だから、まだ続く・・・・・・
早朝に、わらび餅を頂きながら眺める
葉書134
手紙134
ワラビ餅123


この記事のURL | 書道・書棚から・整理整頓 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
掛け花入れ
- 2014/05/27(Tue) -
倫理法人会の月曜日夜の講演会に使用し
火曜日の朝のモーニングセミナーでもう一度使ったアレンジメントの花束
4人で分けて頂く。
せっかくなので最近買った花入れに生けてみる
骨董市で購入した、竹掛け花入れ、銅の一輪挿しの花器
以前から持っていた籠花入れ
作家(ヴォーグナーさん)の花器と共に
4点 

掛け花入れは、中の竹筒が割れていたので、観音寺の石井工作所にステンレスの中筒を作ってもらう

ナツハゼ(やまなすび)を一輪、枝を選定して生けたのが、一番時間がかかった
毎週何度も生けてみても、花器と花のバランスに悩む

お昼の休憩時、一気に生ける

そして東かがわし市落合から観る今朝の朝日 見事でした

かご花入れ125
花入れ225
かご花入れ323
ヴォーグナーさんの花器123
大きな太陽123



この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ