落語から派生して
- 2014/01/31(Fri) -
数年前に、立川志の輔の落語
「徂徠豆腐:そらいとうふ」を聞いて
その荻生徂徠(おぎゅうそらい)が気になり、読んでみた
14歳から25歳まで一家が江戸追放になり、上総で暮らす
その間の、生活姿勢がただならぬ心根を育てたのではと思う
今から、350年も前のお話
そして、貧乏書生をしていたころの豆腐屋とのやり取りが
落語噺「徂徠豆腐」になった

当時の徳川綱吉将軍の寵愛を受けていた、大老格の柳沢吉保に認められ、禄仕え。
江戸時代の思想家は、このような生き方をするのかと
改めて、略年譜を見た

落語の物語すべからくは、かくの如きで、本当にあったエピソードを人情味交えて
面白おかしく、最後に落ちをつけてイメージする様に語る。

噺家では
立川談志
立川志の輔
立川談春
桂枝雀
古今亭志ん朝
などがお気に入り

お題は
「紺屋高尾:こうやたかお」
「徂徠豆腐:そらいとうふ」
「文七元結:ぶんしちもっとい」

などがお気にいり、時々聞き返す落語

仕事の合間に今日は、リンゴとキウイジュースを頂きながら聞いていた。
そして、紅茶とベルギー製のトリフチョコも後から

水主神社の橘のジャムは引田のMさんから頂戴したもの
立川志の輔1
荻生徂徠1
リンゴとキウイジュース1
ベルギー製トリフチョコ1
橘のジャム1
スポンサーサイト
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ