FC2ブログ
角松と本棚整理
- 2013/12/30(Mon) -
年末行事、角松と本の整理
自宅玄関の掃除を済ませて飾り物の整理
本棚は移転が終わり、積み込みも終了
残りの本は、来年にする

<18年前の婦人画報をお手本に>
大王松を赤金の和紙で包み、千両と共に一方の角松
千両が枯れないように、ティッシュとサランラップで保水を確保
もう一方は、若松をシンプルに紅白のモミ紙を水引で結び完成
年末の仕事の打ち合わせも終わり
一段落終わるころには西の空は・・もう夕焼け

角松011
角松02
本棚整理1本棚整理2
本棚整理3本棚整理4
本棚整理5本棚整理6
夕焼け年末11



スポンサーサイト
この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
せつない歌詞
- 2013/12/29(Sun) -
劇団プチミュージカル公演
「本日、スコブル晴天なり」を見てきた

中でも一番心に残った歌詞「寄り添って」
 
心の片隅にしまいこんだ想い、君の言葉に乗せて伝えて
その瞳に僕を映して まなざしを向けて
僕は両手を広げ どんな言葉も 受け止めるから
小さな若葉を揺らす そよ風のように
君の心に寄り添っていたいから

私はあなたの思いを受け止めずに
自分の繭に閉じこもっていたのね
あなたの言葉知りたい あなたの声聞かせて
私は真っ白な心で受け止めるから
浜辺の小砂の歌を聴く波のように
あなたの心に寄り添っていたい


アマチュア劇団のミュージカルは何とも見ながらこちらが
照れてしまうシーンがあるが
最後には、きちんと感動させてくれる
エネルギー精一杯の公演でした

最近また読んでいる、寺山修司の歌詞ほどに
過激でないのが・・・ほっとする

プチミュージカル1
寺山修司1

この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
本棚の引っ越し
- 2013/12/28(Sat) -
住まいの方へ運び込んでいた本を
住宅から⇒東の事務所に運んで・・引っ越しです
更に裏の倉庫から⇒東の事務所へ
一輪車に本を載せて運ぶ
雪でぬかるんだと道を・・・危うい感じで
肉体労働は疲れ果てるが筋トレと思って
どんどん動くと汗をかくほどに熱くなる

ダウンベストを脱いでひたすら動く
今日で二日目の本棚の引っ越し
最後に、母屋の玄関の正月の花を
今年初めて、生けさせてもらう・・・・・

本12本13
本14本15
本棚1
母屋の玄関花 お正月1




この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
引田の家 年末
- 2013/12/27(Fri) -
引田の家
年末間際にどうにか住めるようになった
居間のポリカボネード、木製建具のガラス
障子紙張替などが出来上がり・・・テーブルも無事届く
これでどうにか、正月が迎えられる
関係者一同ほっとしていることろ・・・

玄関の上りの間の神棚がきれいに正月飾りされていた

入口回り1
内障子 机1
居間食堂2
居間食堂1
テーブル12
神棚 引田1
この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
22年後も綺麗な住まい
- 2013/12/26(Thu) -
24年前に設計して2年後に完成した伏石の家
何度かメンテナンスリフォームを重ねたが
大きくは当初の設計時のまま
当時から家族が減り、今は夫婦二人の住まいになった

居間のカッシーナ家具「マラルンガ」はテーブルを変えただけでそのまま
当時、最高傑作のソファーとして、デザイナー、ヴィコ・マジストレッティの名を有名にした
食堂の椅子も同じくカッシーナの「ヨーテボリチェアー」
フィンランドの建築家、アスプルンドの名作

40年間この仕事に携わってきたが
美しく保たれ、塵一つない住まいはここ以上のところを見たことがない
庭は、何度か手を入れて、当初より遥かに良くなった

来年早々から少しリフレッシュ・・・予定

伏石2-2
伏石7-2
675maralunga_scene08_7.jpg
501goteborg_butsu01_4.jpg
この記事のURL | 建築・民家再生・住まい方 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ