FC2ブログ

いつも元気

ほんまもん001

Archive2013年11月 2/4

  • 2013年11月21日 0

    第43回四国書道展 中期を見てきたいずれを見ても大作揃いお気に入りの作品を何点か掲載します文化の秋、書道です西代川の川面葦の原が水面に映りこんで揺れている・・・気配はどこまでも秋らしく...

  • 2013年11月20日 0

    引田安土の家、リフォーム工事が始まる外壁を残し、内装部を撤去食堂・台所・居間・廊下・洗面所・便所・二階寝室・1階納戸既設の壁・天井・床を解体撤去家族の人から聞かされていた井戸の小口径桝(100Φ)が床下から確認できた屋根小屋組みを考慮しながら、現場に対応して設計を再検討これからが本格的なリフォームの設計といえる...

  • 2013年11月19日 0

    毎朝の仕事として庭の掃き掃除をしていると、足元から甘い香りがするもうそんな季節なのかとカツラの木を見上げる足元には落ち葉が裏を見せて散っている水滴が丸い玉状になってはじけてこのカツラの木の葉だけは特別油脂を含んだ樹液が葉の裏にあるのでしょうか?香りと共に不思議な光景を見させてもらう・・この木にはカツラの木と肌合いが似ているが、色目が違う栃ノ木の食器を先日買ってきたクラフトアリオカの有岡さんから三越...

  • 2013年11月18日 0

    都会的で知的に洗練された人Sophisticated Lady(ソフィスケイテッド レディー)というにふさわしい人を観た小原流の生け花講習会、デモンストレーション研究院助教授である、S先生がその人年の頃なら60~67歳ぐらいショートヘヤーでスーツがシンプルでオシャレ装身具は襟のブローチだけ東京の人でなく、鹿児島の人であることが余計に魅力的最初は、手慣れた生け方をする人だと思って見ていたがお話を聞きながら無駄のないしぐ...

  • 2013年11月18日 0

    引田安土の現場からの帰りにちょっと遠回りして、白鳥のランプロファイアーまで来た子供たちが波止で魚釣りをしている向こうには秋の高い雲を緋色に染めて夕焼けが西の空から上空まで一面に広がっていたランプロファイヤーの向こうには小豆島が霞んで見えるその手前に、このランプロファイヤーと同じ地層が見えるという二子島夕日は虎丸山の北西大窪寺の矢筈山方向ちょうど高松の南方向に沈む瀬戸の水面に夕日がひかりまぶしく映る...

  • 2013年11月17日 0

    玄関建具をリフォームした寒川町①の場合既設には、アルミの中折れ戸がついていた後つけだったこともありその網戸が開閉しにくくて・・不便そうだった今回リフォームするのだから、ここの部分も解消したいアルミ枠を撤去してステンレス敷居の木製枠木製建具、網戸も木製で考えたでも最初に引き戸形状に戸車をつけていたが・・・開閉が上手くいかない!そこで、ハンガーレールの引き分け戸に変更してどうやら・・スムースに開くよう...

  • 2013年11月16日 0

    四国新聞社で開催中の四国書道展「前期」今年も見学してきました毎年少しづつ、見る視点が変わってくる自分が変わった証拠5年前には遥か彼方の上級者の書道を見ている感じがしていたでも最近は、見慣れてきたこともあるのか知った人の名前も見るので・・自分たちと少し・・・・近い感じがするとでもいうのだろうか?それほど、他人事とは思わなくなったそれでも力作ぞろいは、本当に刺激になる改めて、お稽古を毎日しようと思う書...