FC2ブログ
ユリの花
- 2013/09/30(Mon) -
バラの花の種類も多いが
ユリの花も多い

オリエンタルリリーのブロードウェイ
雄蕊の花粉が花粉症の元
春以降止んでいた花粉症が再発
でも杉ほどでないので一安心
香りもすごい
カサブランカと同じ香りだ
事務所中が香しい

雌蕊の根っこの当たり
花びらに小さな突起が無数にある
植物の詳細を見ると
宇宙の不思議さと共通する

神が作る技とでも言いましょうか?
ユリの花も同じように
どんな小さなところにも・・・・見事に宇宙がある!


ブロードウェイ131
ブロードウェイ121
ブロードウェイ111
スポンサーサイト
この記事のURL | 植物・生花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
広島平和公園
- 2013/09/29(Sun) -
早朝に高松駅を出発して
広島へ
久しぶりの平和公園

豊友会の月例会を初めて広島で開催
ちょうど、会場が平和公園の近くだったので
時間の都合をつけ記念館を見学する

丹下健三設計の建物は何度見ても抜きんでたスケール感と
軸線のすっきりした配置構成が素晴らしい
時間の許す限り詳細まで観る
イザムノグチ、デザインの橋の欄干
原爆投下時間、そのままに止まった時計
何を見ても刺激的・・・・広島は

高松駅1
イサムノグチ1イサムノグチ2
広島1広島3
広島4広島6
         広島2                    広島5
広島止まった時計1広島止まった時計2










この記事のURL | 建築・民家再生・住まい方 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
キッチンの選択
- 2013/09/26(Thu) -
午前中に引田のお客様とTOTOのショールームへ見学
三度目の見学なのでほぼ絞り込みが出来て金額調整と細かなことの確認
ショールーム側の担当者も最初から同じ方が接客して頂いた

そして夕方には、寒川町のリフォームの現場ではLIXILのキッチンの取扱説明
ショールーム見学の時から説明担当者は、同じ人
代理店を先に決めていたのでその方法がとれた。
トラブルごとなどの経験に基づいた説明をしてくれるので、お客様も安心して尋ねていた

どちらも一長一短あるが、一貫して同じ担当者がショールーム見学から
完成時の取扱説明にまで来ていただける事はお客様にとって、何より安心。
その説明ぶりを聞きながら、経験者の語る説得力に感心した

帰りに夕日を眺めながら、お客様の立場から考えるとLIXILの方法は
手間はかかるが、説得力があり今後の参考になる接客方法だと思った

どのメーカーのキッチンにするかどうか?
説明・サービスというまた商品の内容とは違うところで・・・・・顧客の心理は大きく変わる

ショールーム23
取扱説明11
[広告] VPS

夕日11

この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
誇り高く
- 2013/09/25(Wed) -
40代の頃まで、自分の住んでいるさぬき市や生まれ育った東かがわ市の事をどこか好きに、なれない部分があった
それが、ふとした人を知ると突然変異の様にこの東かがわの地が好きになった

そして先輩たちの胸を張った誇るしぐさを見て
自分の中で確信にも似たものが体の芯を貫くような気持になった
お蔭で、地元の言葉がどこへ行っても出るので
「赤山さんは、地方訛りが平気なんですね・・」などとよく言われる

そんな自信や誇りを教えてくれた元副知事の川北さん
三本松の人です
自分の育った地域や学校を愛して
誇り高く生きることほど、地に足がついた生き方はないのじゃないでしょうか

日本人であること
四国に生まれたこと
香川の地で育ったこと
東かがわの学校、『三高』の卒業生であること
南原繁が育ち、樋端久利雄の育った学校
今は・・その全てに誇りを感じる

大中三高会報 42号
ブーゲンビリア11
川北文雄1
薄暮1
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
秋分の日
- 2013/09/23(Mon) -
三木町の白山の山頂には国旗が掲げられ
秋分の日であることをふと思う
祖先を敬い、心新にする

鮎滝の現場では、地元住民へみなさんへ完成見学の日
酪農家が近隣に来るだけで、臭いや排水に神経をとがらせていたので
説明会を兼ねている

堆肥棟のコンクリート柱は何度見ても感心する
セパレートの穴がない!
きちんと打たれた打ち放しコンクリートが堆肥用の建物とは・・・贅沢な気もする
帰りに見かけた、彼岸花・・・満開でした

大きなカマキリが何もいない牛舎の中でひっそりと獲物を待ち構えている
これから虫が来ると思っていのであろうか?

旗日1
地元見学会1
堆肥棟1
彼岸花11
カマキリ2
この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ