脳を科学する実践-2
- 2013/08/30(Fri) -
2007年にこの新聞記事を読んだ時
心の闇がス~ッと晴れたような爽快感があった

「直感」と「ひらめき」は違うんだーー
「前頭葉」と「線条体」は生涯進化しつづけるんだーー

そう知っただけで、池谷裕二の事、もっと知ろうとファンになった
「直感」についてのいろんな本も読み漁る
世の中でいかに、適当な「直感」の解釈がなされているのかよく判った
脳科学者や臨床心理学者の事を知るたびに
適当だった自分を恥じ入った

自転車に乗る才能を磨くように
「直感」を磨くには、棋士の様に、反復トレーニングをするしかない

そんなことを気付くきっかけになった、新聞記事でした
そして自分のHOWーTO本を一気に読み切る力を感じて
速読を訓練していて本当に良かったと思う

脳 新聞1
脳 書籍3
脳 書籍2
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
脳を科学する実践-1
- 2013/08/29(Thu) -
「脳は本来怠け者であり、楽をしたがるようにできている。」築山節 
『脳と気持ちの整理術』の45ページ

「脳のエネルギーの投資先」を明確にしよう
前向きな自分を作るために、次に大切なのは、目標を脳にはっきり認識させることです。
「ほどよい興奮」を仕事や勉強に向かう意欲に効率よく変えていくためにも、「脳のエネルギーの投資先」が明確になっている必要がある。
 今日何をするか明確になっているには、前日からスケジュールをメモにするなり決めておく必要がある。
朝早く起きて、一日の予定を準備することも大切な方法!

怠けない生き方を実践するには、目標を決める事。
自分の生きている目標を明確にすることは・・・<希望は永遠の命>です

目標を「今日一日で洗面所の図面を完成させるぞーー!」と声に出す
メモにする。耳からも再入力する。
自分の脳の中で漠然として行動目標を言語化することは、目標を対象化しやすい!!

<築山先生からの受け売り!!>ですが、今朝も実践しています。


脳 書籍1



この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
植物を守る
- 2013/08/28(Wed) -
自宅玄関先の芝生に時々犬の糞がある
一週間のうち1~2回

どうやら定期的にする散歩している犬の糞
我が家の悩みの種だった
数年前からの事なので気になって、注意深く観察していた

玄関先を早朝、夕方、深夜に犬の散歩をする人が4~5組いる
『わざわざ玄関先でするんだったら、始末してくれたらいいのにーー』と家内
犬猫を寄せ付けないスプレーをかけて試したが、効果なし
玄関先を通りかかる犬散歩中の人に注意を促すのも、近所の人なので

確かに犬がしているところを、見たわけではない!
険悪な雰囲気になりそうで・・飼い主の人、全員に言い出せないでいた

そしてついに本日夕刻、芝生をきれいに刈り込んで、買ってきた「ここダメシート」を敷く

これで効果があるでしょうか・・・・犬へではなく、飼い主である散歩させている人に!!
近所で増え続けている、野良猫も糞に困る・・・・花の足元が猫の遊び場!!

夏の花2夏の花3
夏の花4夏の花1
玄関11
ここダメシート1

そして先日引田で見かけた楠の剪定作業
二人乗りゴンドラを、レッカー車で釣り上げ、道路にはみ出している枝を落とす
本当に大変そうな作業
夏の選定作業
楠の剪定2


この記事のURL | 植物・生花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夏祭り
- 2013/08/27(Tue) -
さぬき市津田町でも夏祭りは毎年行われている
雨の都合により、24日(土)は津田町公民館でイベント

花火大会は26(月)20:00から20分間
あっという間に終わる
近所の屋根越しでは見えにくいので・・・
浜の方に歩いていくと、残念ながら終了
花火の後の煙だけがが浜の街灯に照らされてたなびいていました

翌27日(火)のオアシスから見る朝日は雲も少なく
ブルーの見事なグラデーションです

花火001花火003
花火002花火004
オアシス朝日1


この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
福沢諭吉の手紙
- 2013/08/26(Mon) -
明治の人の手紙の文字が読めない!
解説文が活字で書かれていてホッとする
福沢諭吉が当時首相だった伊藤博文に宛てた手紙

仮装舞踏会のお誘いに対する、お断りの返事

現代人がほとんど使わない言葉、候文など含めて
その読み方と内容が判らない
この手紙を受け取った伊藤博文首相はすべて簡単に読めたのだろうか?
誰か、秘書の方が居て読み下しをされたのだろうか?

手紙を書く人の教養、受け取る側の読む力
いずれも、今の私たちには持ち合わせていないと思う

それにしても、自分の名前の<福>の文字は迫力がある
その一方で、宛名の伊藤博文の字は・・・ひ弱そうな感じがする

今でもその部分は、理解できるなーー
手紙福沢諭吉 伊藤博文20年4月14日
手紙福沢諭吉 伊藤博文 説明文


この記事のURL | 書道・書棚から・整理整頓 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ