FC2ブログ

いつも元気

ほんまもん001

Archive2013年06月 1/3

  • 2013年06月30日 0

    ヤツデの葉に水滴がはじくように滴っている水玉になった水滴が風に揺れ葉の上から・・・下に飛び散る落ちていくその水玉日差しを受けて銀色に輝く東の窓から見える朝の風景元気にはじくヤツデの葉上の水滴が少年の頃の元気さを連想させてくれる青春していた頃をふと思うはじけ散るその水滴から懐かしくその水滴は二人の心の行き違い言葉足らずの不器用だった会話を思い出し人の心を傷つけたころほんの少しの勘違いで深く心に傷をつ...

  • 2013年06月29日 0

    四国旅マガジン『GAJA』に掲載されていた情報から<四国スウィーツの旗手たち>という記事が私の気を引いたそこで、時間を作って先週、徳島まで車を走らせて其処のパティシエに会ってきたお店の名前は『パティスリーオウ・ポワヴル』徳島和三盆を使った、バウムクーヘンで人気が出たお店オーナーは森保介さんお店は幹線道路から少し脇に入ったところまだ新しい木造フレームの立派なお店が建っていましたわざわざ来たついでに、記念...

  • 2013年06月28日 0

    建築士会が請けて毎年行っている香川県内小学校の『緑の課外授業』今回は高松市立栗林小学校4年生私の授業担当は4組でした元気のいい生徒ばかりで、慣れていなかったら圧倒される木と水のこと樹木のことヒノキのこと木で作った住宅のこと・・・45分 × 2時間 =90分最後に番外編で15分間かけて映画『ショーシャンクの空に』の台詞からレッドに伝えたアンディーの言葉<希望は永遠の命>のお話しする小学生達は俄然目が...

  • 2013年06月27日 0

    雨に濡れながら新芽を広げているイワヤツデ足元に小さなカエル君二匹もう4年ぐらい前になるだろうか展示住宅が出来た時のイベントで知り合いになった彫刻家ご夫婦から買った石が売り物イワヤツデはついでの品物でも、大切に水を欠かさずに遣っていると毎年新しい葉が伸びてくるそのたびにのその夫婦のことを思い出すでも残念ながら、ご主人は少し前に亡くなった根をデリケートに伸ばして宿り木の個性を見せるフウラン毎年小さくて...

  • 2013年06月26日 0

    モンブランから一時期売り出されていた香りのするインクシナモンの香り松の緑の香りバラの香りそれぞれの色も、グリーンセピア色ワインレッド香りを封印するような手紙であれば香りが残る赤いバラのインクはラブレターインクという名称がついているこのインクでラブレターを書いて・・手元に届いた時、開封してバラの香りがそこはかと漂ってきたら・・・どうなんでしょうか?ラブレターの勢いがつくのでしょうか?今朝は、墨の香り...

  • 2013年06月24日 0

    今年最初の開花ムクゲは雨に濡れていた茎と葉は菊に似て、花はハイビスカスの親戚みたいそれで居て、槿(むくげ)とはよく名付けたもの『今年最初の開花でありんす・・・・・』とおいらん言葉で挨拶しているようにどこか日本的で底抜けに明るい梅雨に咲き始め、秋までいついつまでも次から次へと咲き続ける・・・我が家のムクゲです...

  • 2013年06月23日 0

    大阪での設計事務所勤務時代の同僚達と33年ぶりに会う集まった16名の仲間はほぼ全員,設計事務所の仕事をしていた自営しているもの,勤務しているもの年相応に,頭の方に年輪を見せていたそして,長堀周りの建物や雑貨店を観て廻った確か、30年前のここにはあの黒川記章が設計したソニービルが建っていたそれが壊され、設計者も亡くなり風景が一変したラ・ポルト心斎橋(ZARA)フラナガン(農林会館ビル)印伝屋(大阪店)...