FC2ブログ
初夏の庭
- 2013/06/30(Sun) -
ヤツデの葉に水滴がはじくように滴っている
水玉になった水滴が
風に揺れ葉の上から・・・下に飛び散る
落ちていくその水玉
日差しを受けて銀色に輝く

東の窓から見える朝の風景
元気にはじくヤツデの葉上の水滴が
少年の頃の元気さを連想させてくれる
青春していた頃をふと思う
はじけ散るその水滴から懐かしく

その水滴は
二人の心の行き違い
言葉足らずの不器用だった会話を思い出し
人の心を傷つけたころ
ほんの少しの勘違いで
深く心に傷をつけ、流す少女の涙のように見えた

いつしかその水滴は
・・・水玉模様の服を着ていたあの人を思い出す


青い花のアガパンサス
薄紫のアジサイ
赤い実がなるシャシャブ
クロガネモチの新芽
オレンジ色のノカンゾウ
そしてヤツデ

ヤツデ1
アガパンサス1
シャシャビ1
あじさい1
ノカンゾウ11
クロガネモチ1


スポンサーサイト
この記事のURL | 植物・生花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
四国スウィーツの旗手
- 2013/06/29(Sat) -
四国旅マガジン『GAJA』に掲載されていた情報から
<四国スウィーツの旗手たち>という記事が私の気を引いた

そこで、時間を作って先週、徳島まで車を走らせて
其処のパティシエに会ってきた

お店の名前は『パティスリーオウ・ポワヴル』
徳島和三盆を使った、バウムクーヘンで人気が出たお店
オーナーは森保介さん
お店は幹線道路から少し脇に入ったところ
まだ新しい木造フレームの立派なお店が建っていました

わざわざ来たついでに、記念写真と雑誌記事にサインをしてもらう
まるで、スウィーツのミーハーみたい!
森オーナーもこんな体験は初めてらしく
いたく感激して丁寧にご挨拶していただきました

オウポワヴル 001
オウポワヴル 森さん雑誌サイン
カゴ一杯にオウポワヴル
マドレーヌ1
オウポワヴル 森さんと1
この記事のURL | 菓子・料理・飲食店 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
緑の授業
- 2013/06/28(Fri) -
建築士会が請けて毎年行っている
香川県内小学校の『緑の課外授業』
今回は高松市立栗林小学校4年生
私の授業担当は4組でした

元気のいい生徒ばかりで、慣れていなかったら圧倒される
木と水のこと
樹木のこと
ヒノキのこと
木で作った住宅のこと



45分 × 2時間 =90分
最後に番外編で15分間かけて
映画『ショーシャンクの空に』の台詞から

レッドに伝えたアンディーの言葉
<希望は永遠の命>のお話しする
小学生達は俄然目が輝き始める
未来に対する夢を語り始め
ハイ!ハイ!ハイ!
挙手して自分の夢を語りたがる・・・・

順境に会っても
逆境の時も
辛い時ほど顔を上げて明るくはっきりと目標を決めて

このお話は、初めて!!
今年の子供達は目を輝かせて・・・・真剣に聞いてくれた
その表情が、私への一番のゴホウビでした

緑の授業1
緑の授業2
緑の授業4
緑の授業5
この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
思い出の品
- 2013/06/27(Thu) -
雨に濡れながら新芽を広げているイワヤツデ
足元に小さなカエル君二匹

もう4年ぐらい前になるだろうか
展示住宅が出来た時のイベントで知り合いになった
彫刻家ご夫婦から買った
石が売り物
イワヤツデはついでの品物
でも、大切に水を欠かさずに遣っていると
毎年新しい葉が伸びてくる
そのたびにのその夫婦のことを思い出す
でも残念ながら、ご主人は少し前に亡くなった

根をデリケートに伸ばして宿り木の個性を見せるフウラン
毎年小さくて白い花を咲かせます
善通寺の櫛梨町で家を設計した時に若奥さんのお母さんから頂いた
そのひとつは、庭のウバメガシに毛糸で仮止めしていたら・・・・そのまま着床した
今でも元気に育っている
もうひとつが、事務所の裏口においているこのフウラン
時折思い出し、育てるたびに頂いたことを
そのお母さんの心遣いを嬉しく思い出す

先日、花バサミのカバーを白鳥の遠藤君が作ってくれた
ステンレスの鋏は近所のお店で買ったもの
黒い手打ちの鋏はNETで注文した京都の安重のもの
かばんに入れると、カバンが傷つくのでどうしても刃にカバーがいる
皮の製品できちんと作ってくれたこれも新しい思い出の品物

イワヤツデ1
フウラン1
鋏カバー2
鋏カバー1

この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
インクの香り
- 2013/06/26(Wed) -
モンブランから一時期売り出されていた
香りのするインク
シナモンの香り
松の緑の香り
バラの香り

それぞれの色も、
グリーン
セピア色
ワインレッド

香りを封印するような手紙であれば香りが残る
赤いバラのインクは
ラブレターインクという名称がついている
このインクでラブレターを書いて・・
手元に届いた時、開封してバラの香りが
そこはかと漂ってきたら・・・どうなんでしょうか?
ラブレターの勢いがつくのでしょうか?

今朝は、墨の香りを漂わせて
般若心経を行書と草書の二顔書く
臨書は疲れる・・・・本当に
もう最後の方は・・・ヘトヘトになっている自分がいる
それでも、ただ黙々と書くしかないが
今朝も唯一の救いは、墨の香りと音楽だった

シーズンズ インク3
ホワイトフォレスト インク1
シナモンインク2
ラブレターインク2
般若心経2
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ