FC2ブログ
ハナモモ
- 2013/03/31(Sun) -
白いサクラのようなこの花を見ると
7年前に39歳の若さで他界したY君を思い出す

あの時、その「ハナモモ」は、水主神社の境内に咲いていた
坂出の彼のお通夜を済ませた翌日
悲しみを胸に境内を潜り抜けると、西南にひときは大きく広がって咲いていた
この花を見ると、残された5人の子供達と共に、
彼が生きていてくれたら、46歳・・・いい大工さんになっていただろうとついつい思ってしまう。

そして、先日見かけたもうひとつの「ハナモモ」
東かがわのN君の霊前に今年の中学校の同窓会の報告に行った時、裏庭に咲いていた

家族の墓地へ行く横に、切り株から枝分かれして咲いていた
N君のお姉さんに
「綺麗に咲いてますね・・」というと
「大きく伸びて困るから、切ったんですけど、又こうして芽を出してきたんです」という

この季節のお墓の花として、真っ白い「ハナモモ」は、よく似合います
40年前に20歳の若さで命を散らしたN君の無念さを噴出すかのごとく
勢いがあり、サクラに似た柔らかい花びらは、日本人の心に響きます

其処の表庭には、対照的な黄色の菜の花が最後の咲き誇りを撒き散らすかのように咲いていました
春の悲しみを思い出させる花でした・・・ハナモモは

ハナモモ11
菜の花111






スポンサーサイト
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
送別会
- 2013/03/30(Sat) -
2004年10月にオープンデスクという就職活動の仕組みを利用して
わが事務所へ手伝いに来た専門学校生syun君
ちょうどその年、浸水するほどの大雨がありました

彼の取り組み姿勢も好感が持てたので、翌年4月からRYOに来てもらうことになる
そして9年間勤務して、卒業です
昨夜、スタッフや知人達と7名で、牟礼のお店(くらり)で送別会

参加者がそれぞれ、プレゼントの品物を彼に・・・・
手製の製作物からお店の文具用品までプレゼンターの個性が偲ばれます
私は、色紙と手紙を送りました

syun君は毎朝国道の歩道を箒で掃く姿が印象的でした
その姿を・・・・・「見かけましたよ」・・・・知り合いの人達からの電話の台詞を思い出します
もうそれも、見られなくなります。
豊中町へ帰っても、掃除だけは毎朝して欲しい
いつも綺麗になり、周りの人達が喜びますから

そして、人から信頼される大人になって欲しいと思う
スタッフが去っていくのは寂しいけど、成長していく姿だと思えば、嬉しくなる

寂しさと、嬉しさの綯い交ぜになる・・・・それが送別会

自宅でも、ちょうど妻の転勤に伴う送別会で頂いた 花束の数数・・
そして頂き物の品物など・・・
玄関から 居間の机の上まで・・・・送別会の雰囲気がちりばめられています

クラリ1
モツなべセット12
クラリ洗面所12
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
現場事務所
- 2013/03/27(Wed) -
建築現場では毎日、朝は7時過ぎに出社して
夜は職人さん達が帰っても遅くまで仕事をしている

茜町の現場でも、若手の一番 セイヤ君は毎日夜9時過ぎまで働いていますとのこと
大好きな、車(マジェスタ)に乗ることもままならず、時間が限られる

先輩や、関連業者から施工図をいち速く描くように言われる毎日
現場の職人さんからも、基本ズミや、段取りのことを攻められ様に言われる日々

私も遅く現場から事務所に帰ってくると・・・スタッフはもう帰っていない
若い現場員の気持ちがよく判る

誰もいなくなってから・・・・自分の仕事が始まる
出社するのも、当然一番最初

唯一の慰みは、足元の花です

現場事務所12
アンカーセット2
アンカーセット3
タンポポ1
フキの花2

この記事のURL | 建築・民家再生・住まい方 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
話すように
- 2013/03/26(Tue) -
カガワさんからいただいたツバキが、今日は噂話をしています

A:『ネーちょっと最近は桜ばかり噂になって、私たちのことは知らんふりよねー』
B:『そうそう、あれだけ広く咲いたら、派手ですもんね』
A:『山桜も、少しずつ咲き始めてるって・・言うじゃない』
B:『今週末が、野も山も桜満開でしょうか?』
A:『裏のライラックさんも寂しく一人懸命に咲こうとしているけど・・・週末ね』
B:『もう、散りぎわだけは、桜に負けたくないわねーー』
A:『今年も、思い切って・・・首から落ちて花を散らしますか!』
B:『そりゃーそうでしょう、桜に負けてられないわーー』

語るようにツバキ12
リラの開花12
この記事のURL | 植物・生花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スノーフレーク
- 2013/03/25(Mon) -
今年も玄関先の足元に咲き始めた
スノーフレーク
見かけるたびに、毎日増えているように思う

スノーフレークの花言葉
汚れの無い無垢な心:乙女の誇り:純潔

子供たちが巣立った我が家ではもう
その花言葉は無縁だろうと思う
でも花言葉とは関係なく足元に咲き始めた花は
いつもかわいく、毎日声をかけてみたくなる


来週には3年越しの設計から着工の運びになった現場の起工式
設計期間も長く2年以上掛かった
また、工務店にも半年近く待っていただいた

クライアントにとっては土地探しから9年越しの物件である
それらの思い入れを含めて
奉献酒に墨を摺って熨斗を書く

スノーフレーク23
スノーフレーク34
奉献酒1
この記事のURL | 植物・生花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ