FC2ブログ

いつも元気

ほんまもん001

Archive2013年01月 2/4

  • 2013年01月24日 0

    時折見るNHKの番組にっぽん縦断 こころの旅火野正平が自転車に乗って全国を旅するあの番組先週は奄美大島から沖永良部島だった。沖永良部島で菜の花畑でお便りを読むシーンを思い出しながら菜の花と芽紫陽花を生ける花屋さんの店先には、南国育ちの菜の花が一杯並べられてもう春が近いことを教えてくれる事務所の中にもその花が春を告げるように咲いている...

  • 2013年01月23日 0

    冬の朝寒い時、布団から出るのが億劫になる我が家は、昔ながらの芯壁構造なので、断熱材がほとんどない。部屋の中でもこの時期吐く息が白くなる。ストーブにスイッチを入れコーヒーを入れるのが朝一番の仕事食事も済ませて着替えて事務所へ出勤すると道路や駐車場が凍っている冬のこの時期、時折見かけるが、氷が張るくらい、寒い方が気が引き締まって冬を感じる。肌を切るような冷たい風が頬や耳をなでてゆく冬を堪能する瞬間だと...

  • 2013年01月22日 0

    ①竹の皮につつんで蒸した栗入り<簡単蒸し羊羹>昔は、肉の切り売りにはこの竹の皮が使われていたなーーー②かしす餡をクレープ記事で包んだ<福包み>クレープが洋風ですが、かしす餡が入ると、和菓子煮の味です③ゆずの香りを包み込んだ<菊まんじゅう>蒸し器で蒸しあがって出てきた時は、生まれたちの赤ん坊のように、てかてか湯気も出てぷりぷりしています。焼印を押して出来上がり。それぞれ、あたたかい内にスタッフと家族と...

  • 2013年01月21日 0

    先日の三越5階、催事コーナー同じ展示場で、前期と後期のいけばな展を見ると花留めの方法がなんとなく判ってくる嵯峨御流、一生流、池坊、草月流一番、前衛的なのは池坊流でも古典的なのも池坊不思議なものだ。大きい生花は3名合作で広い場所で生けてなるほどーーこんな風に見せますか?そんな感想を持ちながら、後期展を見せてもらった。何時どこで見ても、新鮮な意外性と感動を覚える流派は関係なく、どこに所属していてもそれ...

  • 2013年01月20日 0

    今年の干支に合わせて発売されたお正月用の羊羹源吉兆庵の年末商戦を狙った品物正月気分も過ぎ、冷蔵庫を整理している時奥のほうから、お歳暮で頂いた品物が顔を見せて羊羹・チョコなど甘党の私向けでしょうか?甘いものを、進物で頂く機会が増えたチョコは国産ですがお勧めモノの、エスプリット・マリーのチョコ少しずつ頂き・・・・・・みんなで分けて食べるので、残念ながらすぐ無くなる。甘いものは、脳のエネルギー源ちょっと...

  • 2013年01月19日 0

    高松三越で開催中の「香川いけばな連盟展」へ見学に行く。嵯峨御流、草月流、池坊、一生流の4流派前期後期併せて312名の参加出品いつも習っている小原流と違い新鮮だった花留めの仕方立花の留め方花器の基本形の違いそれぞれ違うもんだと、感心しながらみていた。もっぱら見るのは、その形状にしてその留め方なのか?同じ花を生ける身として、見るのはそんなところどなたの作品も本当に苦労していると思う。簡単に生けられた品物...

  • 2013年01月18日 0

    朝の仕事前に墨を摺り半紙10枚ぐらいに、新聞記事を写経のように写すやわらかく長い筆をマスターする練習ですとにかくたくさん書かないと、この筆の感覚を身に付けられない文章を考えて書くより、写経をするように写す方が文字の練習になると考えてしているiTures ラジオを聴きながら、一気に書く墨の香りが事務所に充満し、澄み切った空気が心を引き締めてくれる墨もなくなりかければ、終了終わればさっと道具を仕舞い書いた半紙...