赤い色
- 2012/12/30(Sun) -
赤い色は人目を引き衝撃的な色合いだ
コカコーラのロゴマークが代表的

日本の正月にナンテンやセンリョウの赤い実は青い松や竹と合う。
日本の国旗や、紅白の水引も白と赤のバランスで目出度い感じがする

新しい事務所の看板やロゴマークも裏勝手口の扉も
その赤で統一してみた

本日の昼食で寄ったレストランのサワラのタタキも赤いプレートに乗って出されると
洋食のフレンチのような感じがする

玄関の上に咲いていたバラも曇り空にくっきりと赤く鮮明だった

赤い看板1
赤い看板2
赤い扉11
赤い皿1
赤いバラ2

スポンサーサイト
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
初めてのパッケージデザイン
- 2012/12/29(Sat) -
ふとした、お歳暮の話からハンバーグのリーフレットとパッケージをデザインさせてもらった

今年、桃のお中元に、手書きのイラストを利用したのが好評で
その延長上にあると言ってもよい

DVD作成の時に作ったシナリオ作成や
ストーリー性のあるコピーも書かせてもらった
私にとっては、建築の設計とほとんど同じことなんだが他人から見ると
設計者としては、特異だという。


でも、イラストを描き説明すること
文脈を考えて、コピーを骨子として作成すること
全体を、消費者層に向けて、アピールすること

そのほとんどが、建築の計画と同じにかんじてしまうのは不思議なのだろうか?

そこで・・・来年から 名称も広くわかり易く

RYO Creative とすることにした

ハンバーグのお歳暮3
リーフレット2
リーフレット3
名前変更1
この記事のURL | デザイン・クラフトマンシップ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
衝撃のKOシーン
- 2012/12/28(Fri) -
フィリッピンの人たちにとって、パッキャオというボクシング選手は
プロスポーツ界にとどまらず、サクセスストーリーを地で突き進んだ国民的英雄

家族を食べさせるために、少年はボクシングをした。そしていつしか世界を制覇した。
政治活動、ボランティアその他人間パッキャオの人柄を国民みんなが愛していた。

今年の試合。
6階級を制覇して、因縁の対決であるマルケスとの4度目の対決は世界中のボクシングファンが期待した

どちらが、倒れても不思議でないハラハラどきどきのクリーンファイトだった。
運動神経の俊敏さはどちらも秀でていて、遜色ない。
ボクシング選手の動体視力と反射神経は訓練の賜物だろうが
もって生まれた素質がすばらしい。
スローモーションで見なければどうしてそのパンチが出せるのか、判らないほどスピードにあふれていた。

パッキャオの鋭さの特徴である踏み込んでのパンチを放すその瞬間
一瞬速く、マルケスの右フックが顔面を捉えていた。

打たれたパッキャオは、そのまま顔面から失神した状態で、倒れた。
普通の映像で見ると、そのシーンはつまずいただけのアクシデントだろうと思えるほどの体制だった。
でも、スローモーションで再現すると、的確に顔面を捉えれいたマルケスの反射神経が秀でていた。

これほど衝撃的なKOシーンを観ることは、まれであろう。
フィリッピンの英雄もこの一瞬にして人間らしさを取り戻した時でもあった。

少年の頃からの生い立ちを事前にドキュメンタリーとしてみていた私にとって
哀しくも、厳しい現実を垣間見た寂しさで数日間はこのことを何も言えなかった。

モハメッドアリが負けるより、タイソンが倒れるより、彼のKOシーンは哀しいほどに衝撃だった。

今年一番記憶に残る、スポーツシーンだった。

パッキャオ11
パッキャオ22o1
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
門松
- 2012/12/27(Thu) -
今年の玄関飾り
門松は奉書紙を巻いて水引で締める

若松は寒川町のBIGの花売り場
奉書紙と水引はマツシタ文具
取り付けまで、すべてスタッフの川西君に作ってもらう。

ネットで調べると、根つきの若松のまま使用しているところもある
二年目の若松はすっきり延びて新鮮な感じがする。

白い柱の色と赤い扉で紅白
若松が留められ、正月を迎える準備開始

玄関の足元には綺麗に青紫色のパンジーが咲いている
寒いけど、綺麗なので義母が気を使って
日当たりの良い、外に出してくれた

門松11
パンジー1


この記事のURL | 植物・生花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
正月花の稽古
- 2012/12/26(Wed) -
日本の新年を迎える作法
家の室礼は玄関の下足箱の飾り、床の間の花
ホテルやデパートであれば玄関ロビーを飾る生花
飲食店舗の玄関も格式を重んじるところは門松

青い松、竹、花は梅が定番

そこで
正月用の花の稽古
花材
若松
鉄砲ユリ
センリョウ(赤い実が緑に映える)

花器:印判(骨董花器)

同じ花材を遣って立花の稽古
花器は黒い大水盤

少し芯を振って片方に寄せて生けるところが小原流
主枝、客枝、中間枝の間合いも決まっている。

センリョウの花の並び方を工夫すると全体的な流れが出てくる。

剪定した、小枝をインク瓶やガラスの花瓶に生けてみた。
水引をあしらうと正月らしいめでたい雰囲気が出る。

たてる形111
立花11
センリョウ1
小瓶11
この記事のURL | 植物・生花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ