FC2ブログ

いつも元気

ほんまもん001

Archive2012年08月 2/3

  • 2012年08月15日 0

    予てから購入してあった臨書本のひとつ。唐の書家、顔真卿の書 <争坐位稿>の臨書お盆休みの時に相応しい稽古として取り組んだものの、なかなか進まない。。行書は初心者向きでも、「書はまたその人である」と手島右卿がいっている通り、いきなり内容が高度なのだ。『人品高潔、徳識、忠誠、彼の書を貫いて流れるものは不抜なる一つの信念である。彼の書を包むものは、清浄無垢にして穢(けが)れない一つの清節である。さらに彼...

  • クレマチスをい主枝に「まわるかたち」スプレーバラカスミソウレザーファン色合いは、赤いスプレーバラが効いている。形としては、クレマチスのあでやかさカスミソウ・レザーファンの背景①配色美②季節美③形態美そのバランスと、総合力の表現に気を使うところ動画として全体を見せると判りやすいので写真以外に、movieとしてもアップロードしてみる。[高画質で再生]まわるかたち 1[広告] VPS...

  • 夏らしい、粉寒天を使った<氷室錦玉>ねりきりの<向日葵:ヒマワリ>漉し餡を使って「ねりきり」手でこねる場合は、手に漉し餡が付くのであらかじめスプレーオイルを手につけておく。スムースに形を整えられる。氷室は粉寒天を水に浸してあらかじめボウジュンさせる。沸騰させてグラニュー糖を混ぜ、混ぜながらもう一度舞踏させる色素を混ぜて 水で荒熱をとり容器に注ぐ道明寺粉をボウジュンさせていたものを混ぜる中間層に 氷...

  • 2012年08月10日 0

    睡眠不足のままTV観戦していた決勝戦残念ながら、アメリカに負け日本女子サッカーは優勝できなかった悲しさのあまり終了間際には、泣きじゃくっていたナデシコも表彰式の時にはにこやかな表情になっていた入場行進の時とメダルを首に掲げてもらう時のなんともいえない安堵感と試合後の開放感は感動のシーンBGM はヴェンゲルスの <炎のランナー>のテーマ曲この音楽が心を躍らせる・・・・オリンピックのテーマ曲は1984年のロサ...

  • 2012年08月09日 0

    暑いさなかに、鉄骨の立て方開始。三条のユメタウン前 <IKKAビル>大きなペットボトルを手に、鉄骨鳶職の数人がレッカー車の運転手とともに順次組み立てていく。足元は。。。ジャストベースルーズホールにジャストリングを入れながら固定するお盆の期間にはすべてを組み上げる予定。それまで、この暑さとの戦いが続く・・・・...

  • 2012年08月08日 0

    チャン・イーモウ監督手元に届いたDVDを・・・・最初から泣けるテーマと知っていて、観始める。それでも物語の展開やシーンの美しさに引きずられて魅入ってしまう。時代背景の厳しさに翻弄される若い二人の、恋物語。ヒロインのけなげなさヒーロー役の優しい心遣い例によって、イーモウ監督は異様にヒロイン役には、赤い服なのだ。またそれが悲しみを助長しシーンに似合う。2010年の映画『サンザシの樹の下で』『初恋のきた道』と...

  • 2012年08月07日 0

    今日の昼、何気なく掛けたTV番組で放映されていた映画。赤い服を着た少女が待っている家に、青年が別れの挨拶に来た。町に連れて行かれる前に、少女に会って髪飾りを渡していく。その前に餃子を食べてから、行ってほしいと少女の最後の頼みを伝える。でも、その約束を守れず、青年は町へ連れて行かれる。それを知った少女が、餃子を器に入れ風呂敷に包みそのまま青年を追って走る。見えなくなっている馬車の方向へ・・・近道しなが...