FC2ブログ
私の辞書
- 2012/07/31(Tue) -
子供が私の辞書を見て
『うわー すごい。』と感嘆の声をあげた。

新しく、子供が電子辞書を買ったところで、辞書といえばそれしか思い浮かば無かったのだろう。

私自身この国語辞典をそれほど使い込んだと、自分ではほとんど気づいていなかった。
そうか、それほど驚くほどのことなのかと、裏表紙の中に記載されている購入時期を見て
もう、16年前のことなんだと知った。

岩波書店の広辞苑は背表紙破れて、テープで補修して使っている。
重くて、使うたびに面倒になるが三省堂の国語辞典には無い言葉が、詰まっている。

私はきっと、生涯この辞書を使い続けても知らない日本語がたくさん残るだろう。
でも、ひとつでも多くの日本語を知って、使い増やしてゆきたいと思う。
辞書4
辞書5
辞書3
辞書1
スポンサーサイト
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ウシの食欲
- 2012/07/30(Mon) -
これだけ暑い日が続くと、人間の食欲もぐーんと落ちるぐらいなので
牛さんは・・・・
『皮ジャンをいつも着ているので・・・そりゃー人間以上に暑いで!』酪農家の Sさんの言葉。

ウシも夏は食欲が落ちるらしい。
当然、牛乳の出る量も下がる。
牛乳生産工場である、酪農家は夏が苦手・・・・アメリカでも同様でした。

牛舎の作り方の一番の要点は、夏場に如何に涼しい空間を作れるのか・・・・ここに注意が注がれる。
そのために、断熱材、換気方法、水とフィルターを使った冷却方法など
様々な方法が

<夏涼しい家屋を旨とする>
クーラーの無かった、日本の住宅の作る要点と似ている。

でも、今年のアメリカ中西部の穀物地帯の干ばつは、トウモロコシなどに相当な被害が出ている。
日本の、飼料価格にそのまま反映されるだろう。

トウモロコシ、大豆など全般的に大打撃。
豆腐も、牛乳も高騰すること間違いなし。

牛の食欲1
ウシ22


この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オーダー家具と既成家具選定
- 2012/07/26(Thu) -
善通寺『犬と暮らす家』の場合

建物本体は工務店に発注。
こだわりの家具:キッチン周りは設計事務所から直接家具屋さんへ発注

既製品の家具の設定については、代理店のショールームへ共に赴き座ってみて・・決める。

キッチンを家具工事で造る場合は、施主ご夫婦との打ち合わせ頻度により完成度の高さ内容が変わる。
『犬と暮らす家』では、施主ご夫婦が各工場へ直接赴き造っている人がどんな人なのか・・・・まで見学した。

業務用の五徳のしっかりしたコンロを入れる。
奥様お気に入りのオーブンは赤色のバッケン。
水切り棚は、ドイツの民家で使われているような木製フレーム家具工事で造った。
キッチンの天板にはステンレスの一枚モノを現場で張る。
現場に入ってからも・・引き出しの中身の変更
フードのこだわり。

既製品のソファーは、ご夫婦であらかじめ考えていた、アルフレックスの品物に。

工務店にこれらを含めて発注するのは、手間こそかかってメリットがない。
そのような経験から、家具類の工事は、可能な限り、背系事務所が直接マネージメントして発注している。

丸生木工所の栗田さんと施主夫婦
岩崎さん1
内部3
コンロ1
木製水切り
alflex 岩崎さん
内部2
内部1
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お辞儀
- 2012/07/25(Wed) -
日常ごととして、私達はあいさつには、お辞儀をする。
握手は、最近でこそ久しぶりにあった人と交わすことがある。

でも大勢を前にスタンディングオベーションを受けたときに
イチロウは帽子を取り、大きく二度一塁側内野席と、外野に向かって
丁寧にお辞儀をした。

アメリカで見る、日本人のお辞儀は、不思議な格調を持ってしている風に見える。
フランクな握手に比べて、礼節をわきまえた、相手に対する尊敬の念が感じられる。

急に知らされた、トレードのスポーツ選手に対して、立ち上がって歓声をを送る人達の情熱もすごいけど
それに対する、イチロウのお辞儀も見事だった。

私達は礼儀をわきまえた日本人なのだと、忘れてはならないものをみせてもらった。
イチロウ
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
驚いた葉書
- 2012/07/24(Tue) -
リフォームの相談を受けて、今日は現場調査で塗装業者の H さんと伺った。

待ちかねたと様に、玄関まで出てこられたご夫婦は、車の駐車場所から、建物周りを案内しながら大変よく気を遣っていただいた。

後で案内を受け。
家の中に入り、食堂のテーブルから前を見ると・・・・見たことのある葉書!

先日、私が礼状に書いたものだ。
それも大変気に入っていただいた様子で、ガラスの扉に掲げておられた。

喜んでくれていることが嬉しいような、もう少し上手にかけなかったものだろうかと・・恥ずかしい気持ちのない交ぜになった感情が湧いてくる。

もっと上手に書かなくては・・・・申し訳ないなーーーとその葉書を見ながら。
リフォーム3
葉書3
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ