FC2ブログ

いつも元気

ほんまもん001

Archive2012年01月27日 1/1

  • 2012年01月27日 0

    江戸時代の歌人、 渡辺桃源(1714~1794)の漢詩を明治から昭和の書家、 故 青木研硯 が書く(昭和31年日展当選作品)もやのかかったかわのほとりに二三軒の家がある風は斜に孤島に向いて吹いている夜明けの月はだんだんと海に傾いてゆく振り返ってみると烏が啼いて寂しい水際から飛び立った志度にあるさぬき市役所のロビーに掲げられている書申請書類ができるまでの間に眺めながら、ことほどさように見事な書だと感心してい...