忘れ物
- 2011/07/28(Thu) -
相手は私のことを知っているが、私は相手の名前を思い出せない。
何度も話を交わし、どこかであった人なのに、肝心の会社名と名前が思い出せないことはよくある。

席を立ち、コピー機の前まで来て、「さて、私は何をしにここまで来たのか?」
自分の、つい先ほどの行動動機を思い出せない事等もある。

記憶喪失症がすでに始まっているのだろうか?

先日も、何気なく手持ちの品を置いた事を、次の作業をしている間に忘れる。
そしてそのまま振り返ることも無く帰ってくる・・・・・・忘れ物をするパターン。

銀行のATMの横の台に、そのパターンで財布を忘れて来た。
それに気づいた銀行の方から電話があり・・・・・忘れ物に気づいた。

私の場合、このような忘れ物のパターンはほぼ毎日のようにある。
このサイフの前の品物も、同様の行動でどこかに忘れてきた。

物忘れをするこの習慣を直すために、最近始めたこと。
出てゆく前に、必ず後ろを振り返る。
エアコンや電気の消し忘れ、携帯電話やカギを忘れていないだろうか?と振り返る。

思い出せない名前は、根気よくそのことに集中して思い起こす。
思い出せないときは、手帳にメモをして、思い出せたときにチェックをして、心のわだかまりを払拭する。

私の場合、メモをして視覚的にすると、そのことはほとんど忘れない。
どんな話をしたか、何度もそのメモを視覚的に思い出し、イメージが再現される方法が得意なのである。

年を重ねるごとに、今までの自分の習慣を見直す方法を少しずつ身に着けようと思う・・・猛暑の夏。
サイフ1
スポンサーサイト
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
えんぎ屋オープン
- 2011/07/22(Fri) -
昨日、高松古新町に焼き鳥・居酒屋『えんぎ屋』がオープンしました。

6月1日に着工して、変更を重ねながら竣工です。

オーナーにとっては、屋島のお店から街中のお店に移転して再出発です。

27席のこじんまりとした、店主の顔が見える家庭的な雰囲気のお店。
みんなの協力を得ながら、ここまでできた。
設計と工事は 我事務所の大西君が最初から最後まで担当しました。

いろんな障害をひとつずつ越えながらの竣工オープン。


小さい現場でも、いつも何か障害がある。
その度に、考え、できることを模索し、解決策を試行錯誤しながら前に進める。
建築にはいつもそんなところがある。

机上では考えられないことが、常に発生するのが、現実の仕事だと思う。

えんぎや6
えんぎや5


この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ホテイアオイ群生
- 2011/07/21(Thu) -
国道11号線を東かがわから帰ってきていた時に偶然見つけたホテイアオイ。
大川オアシスでUターンしてもう一度近くに寄り、池一面に群生したホテイアオイの薄紫の花を眺める。

ほとんどの人が、このシーンを知らなくて、ただ車で池のそばを通り過ぎるだけ。

それがあまりにももったいないので、カメラに収める。

台風一過の夏に・・・・・・・
ホテイアオイ2
ホテイアアオイ3
ホテイアオイ

帰宅して、庭のムクゲを竹花入れに生ける。
ムクゲ1

この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
お品書
- 2011/07/13(Wed) -
「お願いします・・・」
差し出された、板を見て・・・・・・・

筆で書くのは、いつの間にか私の役割だと他の人たちが決めてた。

焼き鳥居酒屋の設計をすると、ついでの事ながら、こんなこともある。
今までは、書道をされている人に頼むか、デザイナーにお願いしていたが、予算の関係もあり私の出番となった。

気持ちを整えて、丁寧に書こうとすると、上手に表現しようという書き手の心が前面にでて、
少し砕けた・・・・居酒屋の雰囲気にそぐわない。
そこで、片岡鶴太郎のように、左手で書いてみる.

筆の先の部分が見えにくく,左手独特の日本語の文字が書きにくいのが良く判る.
それでも辛抱して,最後まで書ききると,もどかしさを耐えた分,存在感のある似て非なる文字が書ける.

その調子で,最後まで・・・・・・半日掛けて裏表両面に全部書かせて頂いた.
これで、オーナーは気に入ってくれるだろうか?
おしながき1
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
車との永い付き合い
- 2011/07/11(Mon) -
「えーーっ!35万キロも走っているんですか!」
珍しいものでも見るように、私の車のメーターを覗き込んで・・・・・・給油してくれた、はちむらさん。

「営業車でなく、すごいやろーー普通に乗っている車で、これだけ乗っているのは!」
専務のくめさんが後ろから話しかけてくれた。

17年走って、ハンドルの皮も擦り切れている。
ようく見ると、バンパーやドアーの横には小さい傷がいっぱい・・・・満身創痍である。

この調子で走行すると、50~60万キロは走れそうである。
定期的にオイルを交換し、タイヤを交換し、車検で問題になったところを直す。
特別なことはしていないH7年製の日産セフィーロ。
今でも高速道路では、時々170~185km/hで安定走行して平気。

ディーラーのくめさんとは、VW(ビートル)に乗っていた頃からの30年来のお付き合い。
車のことなら何でも相談して、気軽にお付き合いしていただいた。

そういう人たちとの、援助があって初めて、この走行距離になるのじゃないだろうかと思う。

車と家とは永く使い続けるには、似たようなところがあると思った。
長く付き合ってくれる、専門のパートナーが不可欠!
メーター1
ハンドル1
はちむらさん1
くめさん1
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ