忘れ物
- 2011/07/28(Thu) -
相手は私のことを知っているが、私は相手の名前を思い出せない。
何度も話を交わし、どこかであった人なのに、肝心の会社名と名前が思い出せないことはよくある。

席を立ち、コピー機の前まで来て、「さて、私は何をしにここまで来たのか?」
自分の、つい先ほどの行動動機を思い出せない事等もある。

記憶喪失症がすでに始まっているのだろうか?

先日も、何気なく手持ちの品を置いた事を、次の作業をしている間に忘れる。
そしてそのまま振り返ることも無く帰ってくる・・・・・・忘れ物をするパターン。

銀行のATMの横の台に、そのパターンで財布を忘れて来た。
それに気づいた銀行の方から電話があり・・・・・忘れ物に気づいた。

私の場合、このような忘れ物のパターンはほぼ毎日のようにある。
このサイフの前の品物も、同様の行動でどこかに忘れてきた。

物忘れをするこの習慣を直すために、最近始めたこと。
出てゆく前に、必ず後ろを振り返る。
エアコンや電気の消し忘れ、携帯電話やカギを忘れていないだろうか?と振り返る。

思い出せない名前は、根気よくそのことに集中して思い起こす。
思い出せないときは、手帳にメモをして、思い出せたときにチェックをして、心のわだかまりを払拭する。

私の場合、メモをして視覚的にすると、そのことはほとんど忘れない。
どんな話をしたか、何度もそのメモを視覚的に思い出し、イメージが再現される方法が得意なのである。

年を重ねるごとに、今までの自分の習慣を見直す方法を少しずつ身に着けようと思う・・・猛暑の夏。
サイフ1
スポンサーサイト
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ