FC2ブログ

いつも元気

ほんまもん001

Archive2011年04月30日 1/1

  • 2011年04月30日 0

    高松に住む、菓子木型職人の市原吉博さんのお話を聴く。・木型職人さんになるにはまず、体力が不可欠、毎日50回の腕立て伏せを2setしていると言う。・職人の体になってきたころ・・。・「みつひき」で婚礼の時に引き出物としてよく使われたこと。・干菓子の赤い色は魔除として用いられたこと。・伝統は守るものでなく、変革してゆくもの。・茶道のお干菓子として和三盆が続いたこと。・いつしか木型職人がほとんどいなくなくなった...