FC2ブログ
新鮮な風景
- 2011/02/28(Mon) -
いつも四国という瀬戸内の温暖な中で居るせいだろうか?

阿蘇の外輪山の中から見る景色は新鮮に見えた。

山頂周辺の野焼きされた草だけの景色
目を一周すると、はっきりと外輪山に囲まれていることが判る。

そそり立つように、火山がそこにある雄大な風景。

いつしか日帰り視察であることを忘れている。
場所や時間を忘れて、見入ってしまうほど魅力的な・・・・・澄んだ空気の阿蘇の眺めだった
阿蘇2
阿蘇4
スポンサーサイト
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
読書は二度する
- 2011/02/20(Sun) -
懐かしい本の背表紙を眺めながら、内容もぼんやりとしか思い出せないでいた。
でも、著者である、小田実のたくましい生き様のことを、その頃、随分励まされるように感化されたことは確か。

松岡正剛さんの「読書は二度する」というコラムを思い出して
本棚から取り出して年号を確認すると、1969年の「何でも見てやろう」
と「人間みなチョボチョボや」は1985年だった。

時代背景も、自分の経験もまったく違うこの年になって読み返してみると、またまったく想像していなかった新鮮な印象がしている。

そして、過去の記憶はふあふあと不確かなものだと改めて納得。

最初に読んだ頃のことまで、読みながら思い出していた。
小田実2
小田実1
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春の山
- 2011/02/18(Fri) -
春の山 4
春の山 3

山の峰を芯からずらせて
緩やかなカーブで尾根の広がりを演出

夕焼けの薄紅色の背景の中
ほんのり白い雲をにじませて
冬の寒さが、少し緩み始めたこの季節を春がもうそこに来ていると

教えてくれるような、棹モノ
名古屋、<両口屋是清>の羊羹です

おもふどち春の山べにうちむれて
そこともいはぬ旅寝してしが    素性法師(古今集)


『春の山』と銘するこの羊羹の作り手の教養と人柄に、思いを馳せながら、いただく。
この記事のURL | 菓子・料理・飲食店 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
目先の情報を捨てる
- 2011/02/17(Thu) -
『朝起きて、すぐに新聞を見るような人間にたいしたことはやれない』 内村鑑三
『朝新聞を十五分以上読んでいるような人間に、ろくな人間はいない』 加藤歓一郎
『新聞なんてものは三ヶ月ぐらい見ないでおいて、後で綴じ込みを繰ってみると、如何に無用の記事が多いかがわかりますよ』 金原省吾

<それぞれの途で一道を拓いた人の言として何れも傾聴に値する言葉ですね>
とこの言葉を紹介してくれたのは森信三。

この言葉を5年前に知って、毎朝配達される新聞を読まなくなって3年過ぎた。
この言葉の意味することを体感したくて、今では表紙の目次だけを三分ぐらい眺めて中の記事は見なくなった。

新聞を読まないからと言って、別に困ったことはほとんどない。
TVのニュース番組を見ないからといって特別困らない。
今時の若者が新聞を読まなくなったと言って、嘆くような声を聞いても、それほど悲観的なことではないと思える。

二年過ぎた頃から、世の中を見る視野が遠くから広く、感じるように観ている自分がいることを意識できるようになった。
「そうか・・・・目先の雑多なことに目を奪われるようでなく広く、遠くから見る視線が大切なんだとおもえるようになってきた。

大枠で物事を考えたり、見えない時代のスピードのある流れを意識するようになった。

その大きなヒントになったのは、この言葉だった。

でも反面、世の詳細の情報に疎く無知なことは致し方ないと思う。
大枠で時代を観る洞察力を身につけようとすれば、目の前の情報は捨てることになる。

得るものが大きいだけでなく、失うものを覚悟してこれからも新聞はほとんど読まないでいようと思う。

TVもNBAのゲームと特別興味のある番組以外は・・・・ほとんど見なくなった。

のんびりしている時は・・・・本とipadが今のところ楽しみだ。

新聞スクラップ

私のipad

この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
体の姿勢
- 2011/02/16(Wed) -
いつも笑顔で、柔らかい表情が全て良いとは限らない。
時に、引き締まったぶれない心は非常に大切だ。

むしろ、態度が軟弱で、方向性が定まらずフラフラする様では困りもの。

方針が二転三転して、周囲の表情を見たり、目先の損得勘定で判断しようとしている様は周囲の人たちを不安がらせてしまうばかりか、信用さえなくしかねない。

表情が柔らかいことと、心の芯がぶれずに緩まないのは矛盾するように聞こえるが、そうでもない。
そのバランスが大切だ。

小谷先生が数年前に進めてくれた、姿勢を矯正するマット。
これに腰掛けると、必然的に少し前傾姿勢になり腰骨が立つ。
下腹を少し緊張気味に力を入れて座るようになる。

10年ぐらいこれを使うと、腰骨を立てることが習慣になってしまう。
体の姿勢を正すと、心の姿勢までまっすぐに成る。

お陰で、このマットが無いところに座っても、ついつい腰骨を立てている。

姿勢マット1
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ