蝋梅のある庭
- 2010/12/31(Fri) -
大晦日の今日は、朝から雪混じりの寒風の中、庭の掃除、窓拭き。
玄関の拭き掃除と正月の飾り付けをする。

掃除をしながら。
今年ほど、仕事が忙しい年は近年無かった。
常に複数の計画と設計、現場が重複していた。
そのこともあり、周りの人たちに、多大な迷惑や心配をかけたと思う。

今年一年悔いの無い仕事ができただろうか?
と自問してみるが、なんとも中途半端な仕事をしてきたのじゃないだろうかと反省が思いつくばかり。
人に頼られ、役に立つ人間として少しは貢献できただろうかと、考えてみるが、なんとも心もとない自分がいるだけ。
もっと、真剣に生きてみたいと、反省ばかりが、脳裏に思い浮かぶ。

ある経営者が、毎年大晦日にすべての支払いを済ませて歌う自分自身への歌のことを思い出していた。
『・・・命の限り生きたから、未練など無いわー・・・・』
このフレーズを何度も何度も繰り返し車中で歌うという。

悔いのない一年だったと自分自身に歌えるよう。
来年は今年より少しは充実した仕事をしたいと思う。

雨に濡れた庭の香しいロウバイ(蝋梅)を見上げながら・・・・・
蝋梅3
蝋梅6
蝋梅7
スポンサーサイト
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ