FC2ブログ

いつも元気

ほんまもん001

Archive2010年09月 2/3

  • 2010年09月16日 0

    築18年の住まいを手入れしている。(高松市内Kさんの住まい。)玄関先の黒松は盆栽と同じで剪定するのに三日を要するらしい。例年同じ庭職人さんがコツコツと手作業でしていた。今年は、地元氏子神社の当番が当たっている関係もあり、畳替え汚れた部分の補修もこの際してしまおうと美装中。『こんなにきれいに住んでいるお家は本当に珍しいですね!』と 美装工事を請け負ってくれている職人さんの弁。掃除を欠かさず、丁寧に住み...

  • 2010年09月14日 0

    11月に完成引渡しを考えている店舗『まん福』が着工した。解体と墨出しを本日から行う。同時に、設備の撤去も同時進行で進める。仮設の便所、コンテナ、コンクリートなど分別するための廃材置き場確保。店舗候補が別の場所からこのレインボ-道路沿いに変更したが、店舗のロケーションとしては、ここが一番いいと思う。中身の詳細は、今から再検討して現場と設計を同時進行で勧める予定。費用のみ、事前に概算予算決定済。また協力...

  • 今年、4月からリフォーム工事を手がけてきた『鶴羽東町の家』の途中報告新しいところの台所が完成して、古いところの台所をリフォームするために・・・今秋引越しです。当初から、屋根を覆っていたブルーシートの素屋根も今週半ばに撤去予定。工事途中の現場と、完成した部分の対比を見ながら、リフォーム工事の難しさを改めて考えさせられた。既設の建物を残して、リフォームでどこまで作り変えるか?古い材料と新しい材料でどの...

  • 2010年09月11日 0

    先週から解体を始めた、『脇町の家』築後約100年(大正初期の棟札から)以前は商店を営んでいたとは聞いていたが、解体した壁の中から・・・・・見事はケヤキの大黒柱が見えてきた。途中色が焼け、人が手で触っていたであろうことが窺い知れる存在感のある大黒柱。道路側の柱とともに、21cm角の柱がこの家の象徴だったのだろう。玄関の桁は鉄骨で補強されて木造のよさが半減していたが、そいれでも往時のこの家の隆盛が忍ばれ...

  • 2010年09月10日 0

    白餡を中身にして、コンデンスミルクと白餡の生地で包む・・・・『とうもろこし』模様作りが腕の見せ所。(高橋先生は何でも手早い、段取りも作業も・・・)黄色い御干菓子は寒梅粉でたっぷりと味を決める・・・・・『お干菓子:イチョウ』と『雲平』生地作りが意外と手間隙食うなーー本日の和菓子です。帰宅してから、義母とその友人たちにおすそ分けをしたら、部屋の奥のほうから・・・・歓声の声が聞こえてきた。その声が、私の...

  • 2010年09月09日 0

    丸亀市栗熊小学校へ<緑の課外授業>の出前授業をさせてもらった。小学生に緑のこと、環境のことを教えるのがなんと難しいことか。生徒の反応がいまひとつ判らない・・・・・でも教える側の自分のことを振り返ると毎年少しずつ、内容がまとまってきたと思う。そして毎年、環境のことを調べるので、そのことだけでもきちんと学習するようになった。小学生に・・・・いい加減なことを伝えるのだけは、するまいと考えているので。水の...

  • 2010年09月07日 0

    世の男性の中でも、心を粋(いき)にイメージを膨らますことのできる人はいるもの。この残暑厳しい折に知人の Mさんがわざわざ持ってきていただいた<古代米>切り株のところからまだ水がしたたり、床に置くと濡れていた・・・・稲穂を新聞紙でくるみ、紐で結んでくれたその一つに、バケツの水に入れて持参してくれたその心遣いを・・・・気遣いのできる粋な人だと思った。早速、篭花入れに、生けてみた。お陰で、青々とした稲の...