FC2ブログ
敬虔な気持ち
- 2010/06/03(Thu) -
このごろになると、日の出が早く、四時半ごろにはもう薄っすらと明るくなっている。
澄んだ空気の中、昇る朝日を眺めながらなんともいえない敬虔なる気持ちの昂揚を感じる

こんなことって、他の時にもどこかであった気がしていた。
なかなか思い出せないでいたが、ふと熊谷達也 著「邂逅の森」のマタギの世界があると思い出した。

山の神の存在を敬虔なる気持ちで信じて、マタギの生活を送る。
東北の感動の小説だったことも・・・・・

そして、ついこの前の大川町田面でのヒノキの伐採をした山のこともよく似た感情として
思い出していた。

目に見えないものへの、敬虔なる信仰ともいえる自分の心に沸き起こるこの感覚を。
朝日を見ながら、山の事とともに数年前に読んだ小説の激しい感情の高ぶりまで、思い出していた。
                 朝焼け

                 山の神2

田面の家1

邂逅の森
スポンサーサイト



この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |