思い出の印
- 2010/05/31(Mon) -
昨日夕、使い込んだ一台の鉋(かんな)が家へ届けてくれていた。
先月亡くなった、近所の大工 大山さんの思い出の品物だ。

三代目千代鶴 「三水」とある

形見分けのように、作業場ではきれいに並べた大工道具を故人に縁のあった人たちに分けていたらしい。
でもこの鉋だけは、生前故人が特別大切にしていたものらしく、家族の人が自宅に持ち帰っていた品物だという。

今朝、大工の泉さんがこられたので、この鉋の銘を見せると「へーーしっとるでー」という。
「削ろう会」の生島さんに聞いても、知っているという。

さらに、鶴羽東町の現場で働いてくれている、大工の雁木さんも同じ作者の鉋を持っているという。
早速、雁木さんのその鉋を見せて・・桐の箱入りで銘が「延国」

使い込まれたこの鉋には、その向こうに大工さんの 職人魂のようなものを感じてしまう。
赤カシの磨り減った台 短くなった鉋刃に

使い込まれた物には、その向こうに人の存在を連想する
古い家屋にも、家族の営みや歴史の重みを感じてしまう。

その大工さんは30年前に私が始めて木造の住宅を設計した時に施工してくれた大工さん。
それ以降、事あるごとに、近所での仕事は一緒にした。(設計者と大工として)

そのいろんな思い出がこの鉋を通して、私の思い出の一つになるだろう。
ご遺族の人たちがよくぞ私にくれた物だと本当にうれしく思う。

道具も住まいも人の命よりもずっと長生きする・・・・・ものだ。
大切に、残し使い込んで最後まで使い切るのがいいと思う。
人と道具も、家族と住まいも・・・・・ 


千代鶴4

千代鶴1    千代鶴2
千代鶴2-3    千代鶴2-4
千代鶴3    千代鶴5
千代鶴6    千代鶴7

小屋浦から1




スポンサーサイト
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ