FC2ブログ

いつも元気

ほんまもん001

Archive2010年04月04日 1/1

  • 朝から、カイズカイブキの剪定をした。幅が2メートル近くあり高さも2メートルを超えるので、脚立足場を組んでしなければできない。毎年するので、少しずつ要領を得てきた。弄花香満衣(はなろうすればかえにみつ)<野の花を摘めば、その香りが衣服に満ち溢れる>:「全唐詩」剪定するたびにカイズカイブキの樹液の香りがそこらじゅうに漂い、まさしく自分の服にも髪にも移り香がつきそうだった。こんもりと剪定するときのイメー...