FC2ブログ
長く快適に住まう
- 2009/11/29(Sun) -
2年以上にも渡って関わってきた、「田面の家」もそろそろ竣工。
障子や建具が入る。
照明器具に明かりが灯る。
庭に、希望の石を南川から持ってきて据えてもらった。
ここから、南川の山が望めないがその方向に向かって誰かが座っているように景色を作ってもらった。

昨日の四国新聞にアメリカの有名建築に住む人たちのことを取材した本のことが掲載されていて、長く快適に住まう家は作り手の思い入れと住まい手のエネルギーの共同作業のように思う。
「いいものをつくって、きちんと手入れして、長く快適に住まう」そんな家は作り手も住まい手もみんな喜びに満たされていると思う。
この田面の家もきっとそのようになって欲しいと思う。
                  田中厚子記事
外観1
居間のストーブ1
庭の石1

木と家の会で編集している冊子もそろそろ来年には出版だ。
地元の木で住まいを建てる、この田面の家のように・・・

冊子2
スポンサーサイト
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ドバイ観光
- 2009/11/24(Tue) -
とにかく何でも世界一を作ろうと鼻息の荒い街、ドバイ
長女と家内の計らいで、駆け足で急ぐように4人で家族旅行をしてきた。

オールドドバイの市場風景や観光スポットを巡り
世界一広いショッピングモールのドバイモール、超高層のブルジュドバイ

砂漠を4WD車で駆け巡る、デザードサファリ
ベドウィン風の野外でのベリーダンスショウと食事

パームツリー状の人口島でのアトラクション・・・

エミレーツ航空スタッフの計らいでファーストクラスの超リッチな客席を見学。
5つ星ホテルでの宿泊は続き部屋を取ってくれていた。
スケッチ02

スケッチホテル1

[高画質で再生]

モールドバイ02

[広告] VPS

[高画質で再生]

デザードサファリ01

[広告] VPS


デザードサファリ夕日1

こんなに裕福なシーンを短時間で体験すると、日本での生活で地に足をつけて過ごすのに
少し時間がかかる。

でも、わずかの間に、長女の逞しくなった生活態度と立ち振舞いぶりには、本当に歯を食いしばって生きてきたんだろうと想像できた。そんな懸命な生き方に、親ながら心から声援を送りたいと思った。

関西空港から高速バスで昨夜帰宅すると、深夜にもかかわらず寒空の中駐車場まで出てきて、義母が待っていて迎えてくれた。

この祖母にして海外での孫ありだと思うドバイ旅行だった。
この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
合気道
- 2009/11/19(Thu) -
少し心に引っかかるので、最近読んでいる本「サラリーマン合気道」その他

エッセイの類のようで何処から読んでも何処まででも、勝手に読み進められるので私のような支離滅裂な性格にはちょうどよい。

広告業界でユニークな存在を見せてくれている超売れっ子らしい新鮮さがなるほどと頷ける。
普段何気なく、聞き流してしまうような事柄も、こだわりをもって、最初から咀嚼するように自分で考え直しているところが、その部分だ。

私の性格と相通ずる部分があるので、余計そう思うのかもしれない。
特に目立った個性の持ち主で無いようでいて、周りの空気とのあわせ方が微妙なのだが上手。
時に何を考えているのかわからない変な人と思われる。

特に、箭内道彦の金髪のいでたちを見ると時にその風貌で、最初からそう思うのかも知れない。
                           やなしみちひこ1

                           やなみちひこ2

                           やないみちひこ3

でもどれも気さくに読み進められ、切り口がユニークで面白い。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
アースダイバー
- 2009/11/18(Wed) -
三本松の街へ行く度、心の中の思い出の街と、今の三本松の街が大きくかけ離れて感じられる。
まるで浦島太郎気分になるわけである。
そのことを考えるとき、中沢新一が書いた「アースダイバー」を連想する。
この今の街の深いところにはかつての古い町並みや景色が埋まっていて、そこを通りながら心の中の風景へ重ねて、今の景色を眺めている自分がいる。

埋め立てられた海岸に大きなケーソンが置かれて、更に沖合いに護岸工事をするのだろうか・・・
最近建築にも使われ始めた外構フェンス流行の<防雪フェンス>もさりげなく・・・・・・

そして、木瓜の実やダリアの花がこの季節を教えてくれる。

淋しくもあり、目覚しい変化振りに目を見張る現実の風景。
それは決して淋しい事ばかりでなく、時の流れを旅する気分にさせてくれる楽しいひと時でもある。

東かがわ市三本松のアースダイバーを体験しながら。
防雪フェンス2
ケーソン2
ダリア1   ダリア2
木瓜

この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
新聞
- 2009/11/17(Tue) -
随分長い時間をかけ、経験を通してやっと腑に落ちる言葉があるものだ。

「朝起きて、すぐ新聞を読むような人間に、大したことはやれない」 内村鑑三

「朝新聞を十五分以上読んでいるような人間に、ろくな人間はいない」 加藤勧一郎

「新聞なんてものは、三ヶ月ぐらい見ないでおいて、後で綴じ込みで繰ってみると、如何に無用の記事が多いかがよく判りますよ」 金原省吾

その三人の言葉を引用して、森信三が<何れも傾聴に値する言葉ですね>と言っていた。

この言葉を知って3年、その本質的な意味を理解できず悶々としていた。

今年になって、早朝から事務所に出社するようになって配達の都合上、新聞を読まなくなった。
時折、流し読みするが、記事内容をまとめて眺めると、井戸ばた会議を覗いているみたいな印象になった。

そしてこの国の事をまことしやかに批評しようと書いている新聞のことがなんとなく分かるような気になった。
そして、上記の内村鑑三たちの新聞批評の心根がやっと納得できた。

目先の記事などはボーーっと見たらいい。
慌てるな、時代は確実にスピードを増して変化している・・・・・・本質を見過ごすなよ。
そんな言葉を、先人達から聞いたような気がした。

                       新聞1

我家のミカン
畑から取れた、皮が硬く味も少し酸っぱいミカンを頂きながら・・・・・・・・・
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ