淡路瓦と木頭杉
- 2009/09/30(Wed) -
24日取材の為、淡路島のみなと瓦産業と徳島の那珂川の上流へ木頭杉を視察にいってきた。

淡路瓦は分業化が進み仲買という中間のマネージメントをする職業が成り立つのがよく判る。
瓦の製造上一社では役物瓦の製造は出来ない。
坂口社長一代で創業して効率化をいち早く進めて、大型機械の導入に踏み切った、みなと瓦産業の先進性は工場内を観て一目瞭然でした。
[高画質で再生]

淡路瓦製造1

[広告] VPS

淡路瓦2

坂口社長2

高知県の梁瀬(やなせ)の北の裏側に木頭(きとう)杉がある。
那珂川河口の阿南市から上流へ車で約二時間ぐらい走った林道沿いにその山はあった。
90年生の見事な杉が伐採されて、葉枯らし乾燥のため切株に末口を乗せて山側に倒されている。
大人の両手で一抱えもある杉は梁財に充分な断面、四国でも材はあるところにはたっぷりあるんだと思い知らされたように気になる。

案内役をしていただいた三枝林業の三枝さんもこの高さまで狭い林道を乗用車で来るのは珍しいことみたいでした。(きっといつもは軽トラックだろうと思った)
空気は澄み切って、人家は何処にも見えない、そんなところに木頭杉は育っていた。
木頭杉1

木頭杉4

三枝さん2

淡路島と徳島の阿南では遠く離れているが、一日がかりの視察旅行になった。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ