カメラマンの見る風景
- 2009/08/31(Mon) -
10月号の雑誌掲載のために急遽住まいの風景写真を入れたいと編集者から申し入れがあり
松縄町のTさんご家族に無理を言って撮影の被写体になっていただいた。
竣工写真と違って被写体は人の表情を含んだインテリア空間
カメラマンの中村政秀さんは
いい瞬間を見つけるために、何度も試行錯誤してアングルを決めていた。

子供の表情を待つのが、一番大変!!
中村カメラ04

人のいる風景1

人のいえる風景2

中村カメラ1中村カメラ2中村カメラ3

カメラ01
実際に雑誌に掲載されるのは1~2カットだが・・何十枚も撮影していた。

又撮影終了後、コーヒーをいただきながら、中村さんの熱心なカメラ談義で盛り上がった。

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
三好市池田の製材業
- 2009/08/27(Thu) -
この不景気な時にでも、元気な企業の特徴は
1.社長が元気が良い
2.新しいことに挑戦している。
3.社員さんが若い
4.何事も吸収しようという姿勢がある

昨日訪問した徳島県三好市池田町の「西徳木材㈱」はそんな元気のよい企業だった。

杉の板材を生産している製材、加工業の会社
杉板の桟積み乾燥にしても、工夫に工夫をかけて機械化と手加工の両方をして
生産性向上に取り組んでいる。
節の加工
乾燥の方法
製材の方法
若いスタッフは懸命に仕事をしていた

それを説明してくれた、長瀬社長も懸命に取り組んでいるのがよく伝わる雰囲気がした。
乾燥003

半自動1

長瀬社長1
[高画質で再生]


西徳木材move001

[広告] VPS
この記事のURL | 現場リポート・環境 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
宇宙船地球号
- 2009/08/25(Tue) -
毎週火曜日は早朝に大川オアシスの駐車場から朝日を見る。
(5時45分ごろに)
一人で、カメラを向けていると、近所の知人が見つけて挨拶をしてくれたりする。

丸亀、絹島越に朝日を観ると、毎週その高さが違うのがはっきりする。
夜明けが少しずつ遅くなっている。

今朝の朝日を観ながら、金色の光が眩しくて、バックミンスター・フラーの「宇宙船地球号」の言葉を思い出していた。

全てのエネルギーを太陽から受けて、宇宙を驀進する・・・・・・地球号・・・・・

光も引力も空気も様々なエネルギーは確かにあの太陽が源なんだと今朝も再確認しながら
眩しい光を眺めていた。
朝日8252

朝日001
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
遠くをはかるもの
- 2009/08/24(Mon) -
遠くをはかるものは富み、近くをはかるものは貧す
それ遠きをはかる者は百年のために杉苗を植う
まして春まきて、秋実る物においておや。故に富有なり。

近くをはかる者は春植えて秋実るものを尚遠しとして植えず
唯眼前の利に迷うてまかずして取り
植えずして刈り取ることのみ目に付く。故に貧す・・・・・・・・・・・・・・・二宮尊徳

一昨日は岡山にて一日中経営の勉強会に参加。
その時、倉敷で美容業を営む 甲斐社長からのアドバイスの言葉。
あの人からは、いつも応援してもらっているような気がする。

昨日は、早朝より家族総出で稲刈りをする。
暑い日だったので、外にいるだけで汗だくになり水分補給がなにより嬉しかった。

少し倒れている苗も苦にすることなく、我が家の小さなコンバインはご機嫌よく一日中頑張ってくれた。
児島の夕日0
コンバイン2

選挙ポスター1

ヒメウツギ2





この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
夏の花
- 2009/08/20(Thu) -
夏は早朝が一番
ひんやりした空気が気持ちよい
田圃の稲や草は露を持って朝日に輝いている

肩が痛いという義母が毎朝している畑仕事を見ぬ振りもできず
先日から少しづつ、早朝に畑で草取りを手伝う

畑の畝を飾るのは、夏の花たち
センニチコウが夏らしくスクッーと咲いていたので、摘んで事務所の花瓶に生けてみた。
夏の花2

夏の花3

夏の花1
夕方には界隈で最初の稲刈りをしたKさんの田圃がさっぱりしていた。
そしてカラスも賑やかそうに集まって・・・・・・会議中でしょうか?
今年の餌は豊作かなーなどと

我が家も、この日曜日には、稲刈りだ。
稲刈り終了
この記事のURL | 植物・生花 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ