カメラマンの見る風景
- 2009/08/31(Mon) -
10月号の雑誌掲載のために急遽住まいの風景写真を入れたいと編集者から申し入れがあり
松縄町のTさんご家族に無理を言って撮影の被写体になっていただいた。
竣工写真と違って被写体は人の表情を含んだインテリア空間
カメラマンの中村政秀さんは
いい瞬間を見つけるために、何度も試行錯誤してアングルを決めていた。

子供の表情を待つのが、一番大変!!
中村カメラ04

人のいる風景1

人のいえる風景2

中村カメラ1中村カメラ2中村カメラ3

カメラ01
実際に雑誌に掲載されるのは1~2カットだが・・何十枚も撮影していた。

又撮影終了後、コーヒーをいただきながら、中村さんの熱心なカメラ談義で盛り上がった。

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ