FC2ブログ

いつも元気

ほんまもん001

Archive2009年05月 1/2

  • 2009年05月31日 0

    木と家の会の展示住宅では週末の見学会当番、親子づれの家族が重なって来場し、子供達は庭の芝生でかけっこデッキでお母さんが待っているとそこへ遊びつかれた子供達が集まってくる。まるで、何処かの家庭に庭先のように見えた、日向ぼっこをするのに、ちょうどいい日和だった。早朝に見かけた坂出ウエリントンの庭先は昨年植えた、キョウチクトウとランタナが咲き誇っていたそしてもう夏を感じさせた半袖のシャツ。昨日、岡山で勉...

  • 2009年05月29日 0

    夕方に田圃の中を不思議な機械をお腹に抱えて散布している人を見かけた。どうやら、回転する電気の力で顆粒の除草剤を田植えが終わった苗に散布しているとの事。単位あたりの散布量が決まっていて、歩くスピードに合わせて微調整が出来る仕組みらしい。小さいけど優れもの・・・・<まきっこ>顆粒であれば、なんにでも利用可能との事この話を聴きながら、今年から農協が田植えの苗の株数を少なくするように指導している話になった...

  • 2009年05月28日 0

    夕方、高松三越へ注文していたインクを取りに伺うと・・・・・・閉店時間前のデパートはのんびりとした空気が漂っていた。店員さんは数人で集まって雑談中・・・・・・こっそりとステーショナリーコーナーへ伺ういつもはフェリージの担当のおっとりタイプの内田さんが「ハイ伺っていますよ」といいながらインクを出してくれた。そうこうしていると、いつしか私の周りに何処からともなくお客さんが寄ってきてここだけ、つかの間の大...

  • 2009年05月27日 0

    最近では木造住宅は、仮設の足場が先に出来上がって、木造を組み始める。足場が先なのだ。その為に、随分と作業効率がよくなったと思う。「田面の家」でも、素屋根の下ガルバリウムの瓦棒が傷着かないようにと泉さんが気を使ってスタイロフォームとカーペットの残り物で屋根を養生をして通路が出来上がっていた。これから職人さんが歩くところを事前に考えて、これであれば靴の裏で傷つくこともないだろうその気配りに感心する。 ...

  • 2009年05月26日 0

    万年筆や毛筆、鉛筆で文字を書いたりスケッチを描くのは、自分の中で満たされるものを求めている行為だと思う。TVを観ながらでも、万年筆とノートは手放さない・・・・心に止まったことをすぐメモをする。講演会などでは、殆んどメモを最後までし続けて10~20ページぐらいを記載している。電話をしながらでもメモをしながら話していることがある。私の特性なんだろうが、音だけで話を聴くと殆んど記憶に残らない、メモをすると...

  • 2009年05月24日 0

    リドリースコット監督の代表作の一つ「ブレードランナー」をDVDで原作版とファイナルカット版の二つを続けて観た。   このSF映画の一番魅力的な部分は未来を描くことに様々な新しいアイデアが何処にも組み込まれているところだロサンゼルスの街が終日酸性雨に打たれ、どんよりとした空気空を飛ぶ自動車、言葉が違うのになぜか話しが通じているそしてSFデザインを手がけたシドミードが出世作となっただけに・・・・小物ま...

  • 2009年05月21日 0

    若かりしテレンス・スタンプが、アメリカとメキシコの両方に心裂かれるような内容の映画。原題 「blue」といい、邦題は「血と怒りの川」40年の前の話になるが、確か高校3年の頃に高松のスカラ座かライオン館で観た記憶がある。膝を抱え込んで座っている、屈折した表情のテレンススタンプが新鮮でカッコーいい大人に見えた。先日、netで探してレンタルDVDを借りてゆっくり見ると、記憶が随分あいまいで、あらすじさえ忘れていたの...