FC2ブログ

いつも元気

ほんまもん001

Archive2009年03月 2/3

  • 2009年03月19日 0

    何かと、「木と家の会」でともに作業する事があったお二人。以前は殆んど話もしなかったので、兄弟か親戚関係の人だと思っていた。ちょうどいい時に二人が近くにいたので、並んでいただき記念撮影右側の飯間さんは家具職人左側の笠井さんは設計事務所の社長キチンとした誠実な仕事をする飯間さんと何事も懸命に手を抜かず陰日なたなく進める笠井さん明日がちょうどオープンの展示住宅の作業の為慌しかったが二人はそれぞれに個性を...

  • 2009年03月18日 0

    庭先の花に目がやると、確実に花達が春を教えてくれているように思う。つい、カメラを持ち出して、早朝からそこかしこに咲いた花を写す。キンモクセイの新芽スイセンクリスマスローズスノーフレークナデシコ(名前の知らない・・青い花)ボケユキヤナギ山椒の新芽そして、その写真を眺めながら春いっぱいの深夜のお茶の友は今夕頂いた<大丸饅頭>と煎茶で心身を満たす。...

  • 2009年03月13日 0

    待ち遠しかった春が来た。あれほど硬かった裏庭のライラックの蕾が、柔らかくなり春を告げてくれている。泉さんたちが加工している作業場近くで見かけたモクレンも蕾をいっぱいつけて間もなく開花です。母屋の玄関先に昨年植えた、カネノナルキも新芽を濡らせて、春です。   総桧作りの構造材は神社のようで全て見える柱梁は奇麗に鉋が掛けられアリ仕事はノミで角をとっている部分からは、大工さんの意気込みと気遣いが伝わって...

  • 2009年03月10日 0

    桧の柱を鉋で削る。大工さんにとっては、鉋を研いで準備をするのが殆んどの仕事。泉さんに作業場で一枚刃の鉋を台直しをしているところを見せていただいた。そして色々な鉋の道具類も                    木工事をする人は鉋を大事にする。その道具其の物と手入れにもこだわる。鉋で削る仕事の大半を締めるほどに手入れだ大変そうだった、そして費用もかかりそうに見えた。お陰でつるつるの・・・・桧の柱だお...

  • 2009年03月09日 0

    飲食店のサービスを競う全国コンテストが昨日の日曜日に名古屋であった。私の設計したお店の布さんが四国代表として出場するのでどうしても応援したくて早朝から出かけてきた。彼は高松郊外の「えんぎ屋」という居酒屋のオーナーをしている。この大会は、S1(エスワン)グランプリという名のコンクールで、「NPO法人 繁盛店への道」 という組織が運営している全国組織。全国から地方予選を勝ち抜いて7名がステージで模範演技をす...

  • 2009年03月09日 0

    その石は、大川町南川の山裾野に置いてあった。この度、建築中の西尾さんが祖父さんから生前、新しい住まいに使ったらいいと云われていた石らしい。山から出して牟礼町の石材屋さんのところに置かれていた。長編が1800mm短辺が1100mm 厚さ580mm、両面を割ってあり、靴脱ぎ石にでも使えそうな大振りの石だった。祖父母が、山家へ帰るときに時々腰をかけていた石らしい。この石を庭に置き、祖先の残してくれた心を全て受け継...

  • 2009年03月06日 0

    つい先日、RNC西日本放送のミキサー室で讃岐弁のポスターを見つけて以来。久しぶりに、その作者である藤本誠さんに会ってそのポスターを分けてもらおうと考えていた。塩上町で事務所を設けていたときの上下の入居関係だったので、毎日のようにあっていた人だった。最近になって、俄然自己表現にエネルギーを増してきているかのような活躍ぶりそのポスターも彼らしい楽しそうな作品だ。あって話していても、仕事が何より楽しいんだ...