カリスマバイヤー
- 2009/01/30(Fri) -
マスコミをにぎわせている人。
今夕はカリスマバイヤーとして有名な藤巻幸夫さんの講演会へ行ってきた。
今までの自分であれば、少し場違いな感じもするが。
いたって最近は何でもありと心の垣根が無いような気になって
ついつい申し込んで行く事になった。

藤巻1

藤巻2 藤巻3 藤巻4 藤巻5

そして昨日は高松三越へ買い物へ
   ジーンズの上に着れるジャケットを探して
ジャケット
もうそろそろオフシーズン・・・・50%offだった。
裏地がキルティング加工で暖かそう
デザインもブルゾンとジャケットの中間のような形で着てみると見た目以上に包まれるようで暖かい。
でも4階の店内は閑散としていて
私が通路を通ると、店員さんの視線が気になる
逃げるようにして、ステイショナリー売り場とフェリージショップへ
でもバッグは本日・・・ボーズ!!
元気も無く、淋しそうな店員さんが不憫に見えた。
              内田さん          茨さんと広瀬さん
いまや地方のデパートは贈答品以外では地階の食料品売り場のみ活気がある

衣料品はデパートの出る幕はないと思う。
いまや地方においてカリスマバイヤーはそこ居場所がない。
お客さんがいないのだ。
売り方以前の話し。

でも今夕の藤巻幸夫さんのエネルギッシュでやんちゃな人柄は
成功の予感を感じさせる・・・まさしくカリスマバイヤーだと思った。
知識を得る貪欲な姿勢、失敗してもむちゃくちゃだと反対されても
そのエネルギーで跳ね返しそうな勢いを撒き散らしていたなーーー

でもデキカメを向けると藤巻さんも携帯電話のデジカメを向けられたので
互いに写し合いっこという・・・・・妙な感じになった。

『明日はいらない! 今夜がほしい!』という
藤巻さんのその一瞬にかける生き様は
私には、まるで幕末の維新達の下っ腹から出るセリフのように聞こえた。
源吉兆庵1
今夜も三越地階の「源吉兆庵」で買って来た和菓子をいただきながら



スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ