FC2ブログ

いつも元気

ほんまもん001

Archive2008年12月 2/3

  • 2008年12月22日 0

    いつも、住宅や店舗を設計し現場で製作に立ち会っていると自分たちのしている行為がただ形を作っていることに終わっていることに物足りなさを感じることがある。住宅に作り手として思い入れがあっても、そのモノを喜んでくれる人があって始めて満たされるものがある。先日miyaさんから<レコード収納家具>のその後の風景をメールで添付してくいただいた。その写真は作り手が知っている家具工場での風景と随分違う        ...

  • 2008年12月20日 0

    先日のサトウキビ畑で三谷さんと出あって以来、心に残っていた<和三盆>「馬宿の家」の奥さんに聞いてみると、10数年前の天皇陛下への献上の品として東かがわ市の名産、<和三盆>が『ばいこう堂』と『三谷製糖』から届けられたらしい。その時の、献上の仕方が両社で全く違ったことを感心しながら聴いた。「その和三盆の味もはっきり違う」という。昨日午後、通りかかった時にそのことを思い出し立ち寄ってみた。ちょうど、看板...

  • 2008年12月18日 0

    今日は『馬宿の家』の竣工間際・・・・・<取り説>です早朝の国道は通勤ラッシュ前時折、大型車が通過すると、窓ガラスが揺れる・・・・・・・肌寒い一日の始まり。今日は、設備器具などの「取り扱い説明」プリーツカーテン。キッチン。エコキュート。エアコン。便所。・・・・・最後はBOSEのオーディオの説明まで。夕方、学校から帰ってきた、当家の長男<ヨシキ君>届いたばかりの自分用のイスに腰掛け窓越しの風景を早速楽しん...

  • 2008年12月15日 0

    人の顔つきに、貧相な表情と福相な表情があるとすると昨日見かけた、人と人形は誠に<福相>な表情をして、周りに和やかさを振りまいているように感じた。お一人は、東かがわ市馬宿で見かけた三谷さん住宅の現場近くで、サトウキビの刈り取りをしていたので珍しいものに出会ったと思い、デジカメを向けていると、後ろで挨拶をしてくれる人がいた。どうやら、その方が三谷さんで和三盆糖のサトウキビ畑の主でした。そうとも知らず、...

  • 2008年12月13日 0

    『松縄町の家』は四周を2階建ての隣家に囲まれていることから中庭に開かれた住まいとして作った。ここに居間の延長としてのウッドデッキにすることにより広く開放的な住まい方を可能にした。今日も、引越し荷物はとりあえず、このデッキに置くことから始められていた。中庭に面する居間の開口部は全面開口できる収納タイプの木製窓にした。そのまま素足で、デッキにいける。冬でも、日差しが燦々と降り注ぎ、心地いい日向ぼっこが...

  • 2008年12月12日 0

    10日は「木と家の会」の小学校プロジェクト の忘年会だった。その日の朝日新聞にはちょうど、社説に<魅力ある授業>の事が書かれていた。私達は四国産の杉の事を山のこと、町での木造住宅のことについて、小学校へ出向いて出張授業をしてきた。文科学省が言うところの「生きる力」を育てる為に、1回の授業でそのような事ができるとは思わない。でも、知識を与えるだけの授業。模範解答を情報として知らせる授業は、将来本当に...

  • 2008年12月11日 0

    9日にオープンした『」ゆめタウン丸亀』昨日、早朝からフードコートの<手こねハンバーグ工房 高尾>へいってみた。11時前から並び始めて、コールベルを手渡されて待っていた。ベルが鳴り、出来上がった商品のところへ行く頃には、行列はどんどん伸び始めてスタッフの女性が『手こねハンバーグいかががですかーーー!』と何度も通る声で発生すると食べ終わる頃には、長蛇の列になっていた。ショッピングセンターをひと回りして...