FC2ブログ

いつも元気

ほんまもん001

Archive2008年08月27日 1/1

  • 2008年08月27日 0

    一番最初に書かれた、下書きが1400年を越えた現在にまで延々と受け継がれ、臨書された草稿はこれが最高だろう。先日のNHKの番組「新日曜美術館」の番組で 「北京故宮 書の名宝展」から王義之の『蘭亭叙』が取り上げられていた。                  この番組の影響から、草稿のことを考えながら、手元の王義之の本を改めて、眺めるこの書の解説をしてくれた、石川九楊さんと柿沼康二さんの二人の話が興味深かった...