メモをする
- 2008/07/31(Thu) -
私は、音で聞いた情報は殆んど記憶に残らない。
名前でも地名でも聞かされた言葉はそのまま流れて記憶の脳裏に留まらないというべきなのだろうか?

だから、毎日とにかくたくさんメモをする。
現場で測った備品の寸法
打ち合わせをしたことをとにかく手当たり次第に、手元にある資料に残すのが私の癖にもなっている。

今日も、電話をしてこられた人の名前をメモすることを忘れて
最後にもう一度「失礼ですが・・・・・お名前をもう一度教えていただけませんか?」と云う事はしばしば

車の運転中に電話が掛かってきた時には・・・・・・殆んどパニック状態
記憶できない音での情報に対して
メモできない状況に対して

その時は、音を視覚的な文字とかモノに置き換えて記憶するように心がけている。
でも跡で・・・・・これが、よく問題を起す。

講演会などを聴く場合も、可能な限り沢山メモをする。
速記者のようにことごとく言葉にして視覚的にすると安心する。

この手法で不具合が生じるのは、そのメモを何処にしたのか忘れる事である。
以前お客さんに「メモをしていたのに・・・・・きちんとできていない!!」と不平を言われて

その後、メモをする手帖をとにかくこだわって、二冊にした。
図面にメモを資料はことごとく実施設計の図面にするときに図面に記入してやっとメモ用紙を
処分するように手順を決めた。

それでも、仕事が幾つも重複すると・・・・メモの仕方がまだまだ身に付いていないと思うことがある。
図面メモ

でも一度メモをすると、二年以内であれば、
メモを見ながら読み返すと・・・・・・その時の講演会の様子が映像としてよみがえる。

そしてそのメモした手帖に赤線を引いて、何度も何度も読み返すようなこともある。

音での記憶が弱い分、視覚的な部分に置き換えると、鮮やかになるように
自分の得意な脳の使い方に合わせて、メモをする様になったのは

40歳ぐらいからだろうか?


今朝、いつものように家内が油性ペンで自分の手の甲にメモをしていた。
家内の入れ墨
(油性ペンでするのは)そのメモは汗で流れないよう
必ず見る大切な情報を

毎日何らかのことをメモしている。

朝しなくても、職場で思いついてしたのだろうか?
・・・・メモをした手の甲を夕食時に見かけることもある。

私にはできない方法だが、確実でシンプルな方法だと思う。

何より、そのことを忘れまいと自ら<入れ墨>を入れるような様子から

もう一人の自分の心を、律するかの如くに見受けられる。

また、そのようなメモをする心意気に、いつも感心させられる。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ