FC2ブログ
賞味期限
- 2008/05/05(Mon) -
2月から大川町南川で切り出された桧
さらにそれを、佐藤製材で製材され

この連休中に少しは乾燥させておこうと
施主のNさん と叔父のOさんその他叔父さんの同級生2名
(総勢4名で)
朝から夕方まで引田の遠藤木材で桟積み乾燥
乾燥1-1      乾燥01       乾燥1-2

乾燥1-3      乾燥02       乾燥03

乾燥04

               乾燥05            乾燥06
 
私はクラック防止剤を柱の小口、木目部分に塗ることと、
皆が気を使ってくれたのか、一番楽な、桟木を運ぶ役目でした。

桧の臭いが立ち込める中、材を積み上げると共に
山のようにあった桟木がどんどん無くなる・・・・・

最後に・・・・・これでもかと、遠藤さんがフォークリフトを駆使して積み上げる

夕日に積み上げられた桧が染まる頃には

みんな本当に力仕事をした・・・・・・・と疲れきった背中が云っていた。
フォークリフトも一時・水の補給です。

積み上げて、まっすぐにしている桧の材料から
「ミシーミシー」と材が乾燥し、割れが始まっているのが判る

桧は乾燥しても杉と違って本当に重い。
割れ出したら止まらない・・・・・・今のうちに時間を掛けて乾燥を・・・・・・・

伐採時を寒切りとして、製材乾燥を時間をかけ・・・・・・
手間隙かかる木材は

ここまでくるのに人びとの体力も使うが
捕れたての鮮魚の刺身を扱うような・・・・賞味期限が迫っている、和菓子を扱うような気にさせられたのは

私だけの偏見だろうか?
                           賞味期限切れのお菓子


つい、忘れていた大事な!!
少し賞味期限切れの菓子を冷蔵庫から出して・・・・・いただきながら
    
スポンサーサイト



この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |