良いモノを長く大切に
- 2016/05/27(Fri) -
花鋏は京都の「安重」がいいと華道家の川瀬敏郎が書かれていた
そして手に入れた
紙を切る鋏は種子島の牧瀬種子鋏製作所がいいと教えてくれたのは、松浦弥太郎
そして手に入れた
ペンケースはTAKUYAが万年筆愛好家の間で有名だったので、神戸に来た時に注文して購入した
中身は中屋万年筆のオーダー・NAMIKI万年筆・ペンテル P209(ノーマンフォスターが使っていたので)
今使っている腕時計はグランドセイコーのスプリングドライブ
IWCのポルトギーゼクロノグラフは長男に譲った
事務所玄関のブラケットは ルイスポールセンの照明器具
扉のレバーハンドルはツワイスイコン
・・・・・・・・・良いモノを長く大切に使う:LOHASの考えに沿って
いいものは
品物に愛着が湧いてきて手になじむ
いつしか分身の様に昔からの身内のような存在になる
購入した時には奮発して高価なものを買ったような気持がするが、取り扱いが手になじんでくるとその高価さゆえに大切にする
よく切れる鋏はなんでも切りたくなるほどに意欲もそそる
また花を生けてみようと、草花を切り取る


そして今日の甘味は陣屋のパウンドケーキ
花はバラとスプレー菊の生けなおし
ルイスポールセン 1   ツワイスイコンレバーハンドル1

鋏 牧瀬種子鋏 安重の花鋏 TAKUYA ペンケース1

グランドセイコー スプリングドライブ1 パウンドケーキ 陣屋
バラと菊1



スポンサーサイト
この記事のURL | 車・goods・ステーショナリー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
シャープペン
- 2016/01/16(Sat) -
二年前に観たノーマンフォスターのDVD。
その時に彼がいつも使っていたたシャープペン
その商品がどうしても欲しくて・・・・・
世界中の色んなメーカーの同じような品物を探していたが見つからなかった
それに近い商品を探して使っていたが、ここにきて文具を扱っているnet店舗でふとした時に見かけた!

試しに二本注文して取り寄せた
映像で再確認しても、見かけたものと同じだった
そこでその取扱店に電話で確認すると
この商品はPentelがアメリカだけで発売しているもので今は生産中止品(Pentel P209)
日本国内では発売されていない。
並行輸入して仕入れした現品とのこと
書き味を試してみたが、スムースに0.9mmの2B芯はなめらか~

これから一生使える分を取り寄せようと・・・・追加で7本注文した
合計=9本になる
これだけそろえて丁寧に扱うと、おそらく20~30年間は使えそうだ。
お気に入りの尊敬する人が使っていると、どうしても欲しくなるのは私の癖だろうか
よく知人に。私はどんなことも、「のめりこむタイプ」だと言われる
そうか~・・・そういえばそうだと妙に納得する
ここの筆記用具もその一つ、2年かかったがやっと手に入れた
ノーマンフォスターと同じシャープペン、
ささやかな商品だが、手にしながらなんとも心が満たされた!

シャープペン2
シャープペン22
シャープペン23
ノーマンフォスター43ノーマンフォスター21



この記事のURL | 車・goods・ステーショナリー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
コーティング
- 2015/10/21(Wed) -
車のワックスを長く持たせることができるコーティングがあります
是非されたらいかがですかセンセイ!・・・・・・・・元気のいいK社長の営業トーク
三か月はその光沢がもちます!

その雰囲気についつい誘われて
いろんな種類のコーティングの中で水垢取りを含めて一般的なコーティングにしてもらった
スタンドから帰ってきた車を観てびっくり!
今までの光沢の具合が嘘の様で・・・輝いている
此れには恐れ入ります
埃などは、通常の水洗いで済ませることができるという
ま~試しにしてもらった。

いつも行く散髪屋さんで一番古い過去の写真データを見せてもらう。
2001年4月・・・・・ヘヤースタイルはほとんど変わらないが・・・・
白髪が増え、顔のシミが増えて着る
全体的にくすんでいるような感じだな~

顔とかのコーティングはしない方がいいと思っている
加齢と共にシミができ、髪が薄くなり、白髪も増える・・
それが自然です
シミも御愛嬌・・・・・加齢の勲章と思っておこう

                   コーティング1
左の写真が14年前                         右の写真は今月の写真
理髪店2001年4月理髪店2015年10月

この記事のURL | 車・goods・ステーショナリー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
洋服ブラシ
- 2015/05/22(Fri) -
カシミヤのコートを買った話を、いつもの理容院のマスターと話しをしていると
「カシミヤの生地はやっぱり「ブラシが大切ですよね~!」という
それも、江戸屋のカシミヤ用が良いという
(私は全くその事を知らなかった)
netでは品切れ状態で、ご自分も待っているとのこと

カシミヤの事をいろいろ調べていて、クリーニングで生地が傷むという事
あまり洗わない方が良いという事
手入れはブラシが一番だと知る。
カシミヤという素材にとって、毛玉は仕方ないけど、小まめに取るのが良いとのこと。

そして、予約しておいた。江戸屋のカシミヤ用のブラシが届いた、季節は夏前になって・・・・・

<江戸屋:洋服ブラシ:カシミヤ用:木の葉型 エンジュ>

早速、チェスターコートを出してきて、ブラシをかけてみる
毛並みの方向が揃い、綺麗なトーンの生地がよみがえる。
ついでに、ウールのジャケットも同じようにブラッシングをした。

使ってみて、初めて知る洋服の手入れ方法とその道具
良いものを大切に手入れして、長く使うのが・・・・モノとの付き合い方!

洋服ブラシ1
洋服ブラシ3木の葉型エンジュ
           洋服ブラシ2
この記事のURL | 車・goods・ステーショナリー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
フォークアート
- 2015/02/09(Mon) -
今月号の<Casa BRUTUS> のサブタイトルは「Life with folk Art」
日本で柳宗悦が「民芸」といった用語は英語では「folk art」 なのか?
こだわりの世界の手仕事を身近において飾る
そのような趣味の特集号

私の癖は良く似た・・・・・こんなところにあった!
漂泊(ハク)のオーナーから、
アフリカ産の人形などを買った時など、
『こんなん買うんは赤山さんぐらいや~!』と笑いながら、よく言われた
それは冷やかしとも褒めているのでもなく
特別な視点を持った、変わりもん!とでも言いたげだった
でもそれを仕入れたのもオーナーなので、他人に言えたものじゃない!

特別なタイプの人種とでも言われたみたいで・・・そうか~俺って変か~?
等と思っていたが、この雑誌を見て、このタイプは世間によくいるようです!
特に、物つくりの職業人はこだわりのコレクションを意味もなくたくさん集めている。

そう思うと、あるパターンが見えてくる。
創作のヒントになるものをいつも探し求めている!
目新しいものに興味が湧く!
手元に置いて於きたくなる!
等々

氷が張りつくほど冷たい朝にそんなことを考えながら雑誌を見ていた

               氷の水盤1
  フォークアートジラード1フォークアート2
  フォークアート3フォークアート1
私のフォークアート1
私のフォークアート5私のフォークアート4
私のフォークアート3私のフォークアート2





この記事のURL | 車・goods・ステーショナリー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
仕様変更(カスタマイズ)
- 2015/01/19(Mon) -
車やバイクの外装、内装を仕様変更することを、カスターマイズするという
私の車もそうしたひとつ
今日見た、Tさんのバイクもそうでした
でもこのバイクは、最初からこのテイストで作られていたかのような全体的なデザインがよくまとまっていた
ようく見ると、マグネシウムのホイール
カーボンファイバーのボディパーツ
アルミステップ
サスペンション
ブレーキ類
マフラー
その他
カスターマイズ費用だけで、150万円以上は掛かっているという
オリジナルの仕様をそのままにすると
個性が沈んでしまっている風なバイクが
仕様変更すると俄然尖った走りに徹した様相に見えてくる
エネルギーのほとばしりを発散させるかのように

デザイン要素をよく見てみると、こだわりのレベルを上げるとこうなる・・・
ディテールにこだわる
性能にこだわる
見た目にこだわる
其処意識が一番の変革要素!
気持ちの籠ったバイクを見せていただきました

いつも感心する・・・もう一つのこだわりデザイン
高知のいもけんぴ:芋屋金次郎のパッケージ

キャッチコピー
包装紙
シール
どれをとっても気を抜かない
デザインに作り手の思い入れの深さを感じます

バイク2バイク3
バイク4バイク5
バイク6バイク7
バイク8

芋や02
芋や03芋や01





この記事のURL | 車・goods・ステーショナリー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ペンケース試作
- 2014/12/30(Tue) -
10月から進めていたペンケースの試作品が年末の30日に出来上がった
無理難題を要求しながら試作品を注文したこともあり、心配しながら内容な委ねていた
材料の皮は、津田さんの手持ちの品
出来上がってみると、革の厚みが少し薄すぎたかなーと思う
そして、もう少し手持ちのタグなどきっちりとデザインしておけば尚一層、良かったのに
反省材料がたくさん見つかる
試作品でのダメ出しは、次へ繋がる好材料、どんどん進化して進められる方向が見える
革の色はヨーロッパテイストな、もっと原色っぽい鮮やかなものにするか?
キャメル色のような自然素材風にするかどちらかだと思う。
そして当初狙っていた、ふっくらと膨らんだ柔らかいけどシャープ
そんなシルエットだけは出来そうな気がした・・・・・試作品

スイセンの咲き始めた年末に試作一号完成
ペンケースデザイン1
ペンケースデザイン2   
ペンケース2
ペンケース4
ペンケース5
スイセン01

この記事のURL | 車・goods・ステーショナリー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
オーダー万年筆
- 2014/12/21(Sun) -
中屋万年筆5オーダーメイド中屋万年筆4中屋万年筆1
中屋万年筆2
中屋万年筆3
お気に入りの万年筆
オーダーで注文したのが年末に届く
漆のピッコロサイズ:赤溜
手帳に記入するのにちょうど
細字用です
これまで持っていたのは;シガーモデル:宝相華
これで、中屋万年筆は2本になる
私のお気に入り万年筆:30本に仲間入りです
この記事のURL | 車・goods・ステーショナリー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ボールペン
- 2014/11/20(Thu) -
お気に入りの筆記具をいつも持っていたい
万年筆は心地よくかけるモノを何本か所有できた
でもボールペンは書きやすさと、見た目の形が・・・・決めかねている

《筆記マニアのつぶやき・・》
ファーバーカステル:形は気に入っているが書き心地は今ひとつ?
ラミー:操作性が不自然で、書き心地も今ひとつ。
デビッドヘイワード:カーボンのボディが気に入って買ったが、パーカーのインクフローはすぐに書けなくなった。
トンボ zoom101:形はお気に入り、書き具合は普通。
三菱ジェットストリーム:書き味最高、お値段は安い(¥130)軽くてお手軽、でも存在感が今一。消耗品になってしまう。

外観の美しいスポーツカーでも全然走らないようでは魅力ない、見た目と機能、そのバランスとレベルの高さがポイント。
でも筆文字が最高、その次は・・万年筆かな~ 
手紙や葉書を書くのであれば。

ボールペン12
ファーバーカステル1ラミー1
パーカー1トンボ1
葉書12




この記事のURL | 車・goods・ステーショナリー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
スポーツ車
- 2014/11/19(Wed) -
イタリア製のスポーツカー2台
ランボルギーニ・アベンタドールLP700とフェラーリ458 イタリア
これらの車に乗せてもらった
同じ国でも、この車は作る姿勢が全く違う
ステルス戦闘機風な近未来を志向しているランボルギーニと
F1で築き上げたレーシングカー仕様のフェラーリ
外観のデザインも、内装の嗜好性も全く違う

フェラーリはF1車のごとくハンドルでほとんどの事が操作可能なようにセッティングされている
スタートボタン。方向指示器。ライト。ミッション。足元サス仕様など・・・その外訳の判らないモノが設けられている
ランボルギーニは、リアのスポイラーが車速のスピードと共に可変型で動くこと、湯温、オイル温度のよって高温になると斜め後ろのフィンが浮き上がり冷却用の風が抜けやすくなる等
そして、ブレーキシステムもセラミックプレートの厚型メーカー名記入して表示

車は、洋服とか住まいとよく似て、主の資質をよく表す
ベンツに乗る人。BMWに乗る人。アウディ・・ボルボ・・マセラッティ・・ジャガーそしてこのようなスポーツカーを選ぶ人
人柄が現れると思う。
確か、伊丹十三さんはベントレーのオープンだった。
私は、アストンマーティンかTVRが好み。

フェラーリ ランボル008フェラーリ007
フェラーリ004フェラーリ005
フェラーリ002  フェラーリ003  フェラーリ006





この記事のURL | 車・goods・ステーショナリー | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ