夏の風物
- 2018/07/16(Mon) -
夏の生菓子3
朝から日差しの強い下で動くと、汗が噴き出てくる
冬のこたつ布団や毛布をクリーニングに出す手欲しいといわれて、一輪車に山盛り運んだだけで・・・・・
肌着にびっしょりと汗がにじむ
ひんやりとした飲み物が本当に欲しくなる・・・・・・一日だった

先日 三友堂で見かけた 夏の生菓子・・・・・・夏らしい装いです。

坂出レストランの現場には、お昼のオープン前に爆音を響かせて二台のランボルギーニのお客さんが来られた
その音で、驚かされるが、駐車している時のドアを上に挙げてバックされている姿は、この車に乗るのが大変そうだと・・・・・その苦労もしのばれる。

Kさんが 留守中に置いて行かれた、飛行機の模型・・・三枚複葉機
よくできています~

ランボルギーニ4  紅の翼2



スポンサーサイト
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
見事な一点
- 2018/07/15(Sun) -
花奏 はなかなで

「鎌研ぎの名人は、どんな鎌研ぎが研いだ鎌でも及ばざる見事な一点を見出す人」  という言葉を聞いたことがある

普通の人が見出すのは、上手に研げていない、劣っている所を見出すもの。それを最初から分かっていて、素晴らしい一点を見出そうとする眼差し、心構え、人に対する基本的姿勢が 最初から応援するようなところに立っている。そんな人が名人なのだろうか?

いつも、生け花の研究会で講師の人から、手直し点を指摘されるたびに、鎌研ぎの名人の言葉を思い出す
長所を見ようとすることが先にある名人のことを

そして、どこか一点秀でたところを見出すと、その作品は素晴らしいものに見えてくる
歌でも、一つのフレーズのメロディーや歌詞が心に響くとその歌全体を何度でも聞き返したいと思う。

建築も玄関の導入部の空間構成とか、居間から見える開口部の景色とかどこか一点すららしい空間があると
その建築は、私にとってお気に入りの建物ということになる

長所を見ようとする視点にいつも立っていたい・・・そう思いながら
土曜日の稽古

花奏(はなかなで)
花材: ニューサイラン  :  ひまわり  : スプレーばら : レザーファン
花器: 丸水盤

今日の菓子は 三友堂の菓子弁当
今朝は早朝より自治会総出の海岸清掃、その前の事務所を道向かいから写す

博多に住む次女から今朝送られてきた動画、本日の博多山笠の追い山風景
もう46年前に
早朝 4時59分 に始まる、このお祭り一つで博多を好きになった・・・・・思い出しながら

菓子弁当3  事務所2

[広告] VPS






この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
月とカラス
- 2018/07/10(Tue) -
月とカラス1
 日の出数分前の東の空には、月が出てその下をカラスが翼を羽ばたき早朝出勤中です

五時0五分にもなるとやっと朝日が顔を見せてくれた、  カラスに向かって おはようとつぶやきながら

先月、俳優の加藤剛さんが亡くなられたとのニュース
すぐ思い出すのは、五味川純平原作の1962年の初主演のTV番組『人間の条件』

梶二等兵の 上官からの度重なるシゴキには人間の最も醜いところを見せられたようで、つい 主演の梶二等兵の味方になり、上官を憎むような気になって・・・・頑張れと応援したくなるドラマだった
調べてみると、加藤剛さんにとっては、この主演作品が演劇人としてのスタート
奥さん役の 藤由紀子さんと共に天国と地獄を見せられたようで、当時小学五年生でしたが・・・イントロ部分のロダンの接吻の彫刻が妙に気になってみていた。

一緒に観ていた家族全員このドラマのファンになって、毎週この時間帯にはそろってみていた。
梶上等兵が上官に鉄拳制裁を受けるたびに・・・・・我が家の父親が、軍隊の上下限関係のことをTVに向かって説明してくれていた

勤勉実直を地で行くような俳優が亡くなり・・・・思い出のTV番組から、もう55年が過ぎ去った
俳優加藤剛さんが私たちに残してくれたものは、そんな誠実でひた向きな生き様ではなかったでしょうか

坂出の現場は、お店が休み本日、外部の配管工事 スタートです

日の出カラス    日の出5

日の出1  土間配管準備1





この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
メラレウカ・アルミラリス
- 2018/06/23(Sat) -
メラレウカ・アルミラリス2
昨年から伸び放題になっていた事務所横のメラレウカ・アルミラリスを剪定をする
ブルーシートをあらかじめ広く下に敷いて脚立を立てて行う
片付けが手早く綺麗に済ませられる
剪定した小枝の先端から芳香が漂い、衣服に絡み満たすようです

<花を弄(ろう)すれば香衣に満つ> 「弄花香満衣」 これは、唐の時代の詩人、干良史(うりょうし)の「春山夜月」という詩

後始末が終わった後に雨が降り出した
雨の粒が細い葉の先に水滴となって・・・・きらりと輝いて、その新鮮さに目を奪われる

昨日までの仕事を整理して、昼から三本松へ生け花の稽古
来週の研究会へ向けて、最後の稽古: 瓶花:傾斜型

ソケイと 黄中菊

墨を摺り、顔真卿の「争坐位稿」の臨書
昨日が19回目の命日だった義父への手紙を書く

夜、手土産をもって大阪から友人が尋ねてこられた。
世間話や最近のことなど雑談する  二年ぶりでしょうか
そして、先程帰られた

  傾斜型そけい黄中菊     顔真卿3




この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
easy going
- 2018/06/22(Fri) -
ベゴニア43

父の仕事の関係もあり、戦前アメリカに渡り コロンビア大学生の時(1939年)・・・『神谷美恵子日記』25歳の時の日誌

「ゆうべつくづくアメリカにあまり長い間いたくないと思った。 easy going な空気は確かにこの辺の人達の精神生活をも浸している・・・」

アメリカの中流階級の女性たちの生活は、25歳の美恵子にとって。 退屈で耐え難いほど生きた人間として見えなかったのだろう
後に精神科の医師としてライ患者に寄り添い、思想哲学者として「生きがいについて」 を執筆する
戦前のアメリカ人女性の生活は、負荷のかからない、下り坂を自転車で流れるような生活は美和子にとって死と同じように感じたのだろうか


easy going とは言わない、別の生き方とは どんな生き方だろうか

生きることは、負荷をかけること、何かを犠牲にして得られるものを繰り返して人は成長する・・・・と神谷美和子の若かりりし頃の
日記には、その生へのエネルギーがほとばしり、内なる心の激しさが何者かをなしたいという心の叫びのようなものを伝えている

25歳から1979年65歳で亡くなるまでの日記はどこを読んでも、神谷美恵子の生の声が伝わってくる
家族への思いや仕事のこと、執筆中の本のこと等
波乱に富んだ人生だったのに、なぜこんなにもたおやかな表情をしているのだろうと・・・・心の広さに感心する

寒い時プラントボックスに植えたベゴニアが再び開花して黄色い花を付けてくれた
コクチナシは少し黄ばんだ葉が気になるが白く甘い香りの花は満開

坂出のリフォームは 一日で型枠からコンクリート打ちまで仕上げてくれた・・・・お疲れ様

コクチナシ満開54  コンクリート工事3

この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ちりめん山椒を作ろう
- 2018/06/16(Sat) -
瓶花 傾斜型
先日から気になっていた、山椒の実を朝のうちに摘み取ろうと準備をする

調理方法はクックパッドでレシピーをプリントアウトして予習
大体のイメージが出来たところで

脚立・手袋・ザル・ハサミ  もってきて

山椒のトゲに刺さりながら・・・・ザルにとってきた
でも実際はそこからが、葉や茎を取り除く手間が一苦労
そして沸騰した鍋で湯がいて・・・6~7分

ザルに挙げて水を切り、もう一度茎の整理
そのあと一晩水に浸して待つ
ちりめんじゃこをスーパーで買ってきたので明日は、いよいよ・・・ちりめん山椒の調理です

今日の生け花

瓶花
傾斜型  ソケイと 中菊
 来月の研究会の課題

山椒の実45  ちりめんじゃこ3

山椒5



この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
ヤツデの水滴
- 2018/06/15(Fri) -
ヤツデの水滴2
毎朝台所の窓から東の方向を見ると今朝はどんより梅雨空
それでも、新緑のヤツデの葉にははじくような水滴が浮かんでいる
でもこの、水滴が毎朝の元気をもらう景色

ヤツデの葉を写そうとカメラを向けると近くには、山椒の葉と実がびっしりと春を告げていた
国道沿いの花壇にはランタナが今年も咲き始めている

現在福岡で働いている、
来週29歳の誕生日を迎える次女の思い出
10年前まで便所の壁に掲げられていた、漢字の書き取りの付箋
高校受験が修了しても、大学のセンター試験が終わってもそのまま・・・・・ずいぶん長く貼っていた
思い出の付箋
誕生日プレゼントに手紙を同封して夕方、宅急便で送った

山椒1  ランタナ65

9年前の便所20090126212020

この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
自転車に乗る
- 2018/06/09(Sat) -
アレックスモールトン
朝からお客さんが来られて、仕事は捗らなく昼からの生け花の稽古で
また時間を取られる
帰宅してから、事務所で書道の稽古と手紙を書く
梅雨の合間に晴れ渡り気候も良いので、仕事は横に置いて久しぶりのサイクリング
倉庫の奥でシートに覆われているアレックスモールトン
コンチネンタルのタイヤのバルブは欧州仕様なので、毎度のことながらバルブをもどいて

タイヤに6気圧の空気を入れて点検・・・・いざスタート
津田の松原を抜ける時が一番気持ち良い・・・・帰りは新しくできた防波堤の内側の道路を走りながら
春の風を頬に受ける快適さを堪能

今日の生け花は瓶花
あせび
夏菊
2種生け
あせび夏菊
この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
道具の後仕舞い
- 2018/06/08(Fri) -
いつも喜んで進んで0  筆洗い4
摺った墨が無くなるまで筆を走らせ・・・・半切の二分の一に今月の課題練習 
書道の朝稽古を終わらせると、今日は久しぶりに筆のシャンプー&リンスを行った

筆も動物の毛で作られている、自分の髪の毛を洗うような気持で
たっぷり含んだ筆の根元の墨をぬるま湯で洗ってから、シャンプー剤を入れたコップに筆を入れて洗筆
そして後から、リンスを入れたコップにまたそれをつけて・・・・あとは水で洗いなおす

そして使用積みの半紙の上に洗った筆を置いて、水分を吸わせる
墨が抜けた水分だけが、毛細管現象でしょうか・・・半紙に吸い取られ滲んでいるのがわかる
一時間も放置しておくと、すっかり筆から水分が抜けている
リンスの香りもほのかにする・・・・・
 硯も水洗いの後、やわらかいスポンジで隅づみを洗う・・・・

いつもながら、書道は後仕舞いに一番気を遣う
道具の扱いに心を配るようになった分、文字も丁寧に書くようになったと思う
若い頃はこんなに丁寧に筆や硯を扱っていなかったと・・・反省しながら

義母が育てている我が家のアジサイたち6種類、梅雨の朝競争するかのように  
数年前にお客様から頂いた「ダンスパーティー」もきれいに今も咲いています

アジサイ3  アジサイ4

アジサイ5  アジサイ6

アジサイ7  ダンスパーティー




この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(1) | TB(0) | ▲ top
教養
- 2018/05/29(Tue) -
朝日前3
『世の中で最もみじめなのは教養のないことである』  と福沢諭吉は<心訓> で二番目に掲げている
この言葉を思い出したのは、ビートたけしの「バカ論」に掲げている、明石家さんまの評価
ここでは、教養のないしゃべりの天才、と明石家さんまのことを評している
毎週TVで見かけるこの人は、福沢諭吉の言う通りであれば、しゃべりは天才的だが、最もみじめな人生を送る人ということになる
そうだろうか?
一方的にそうとは言えないが、教養のないみじめさはご自身でもよく判っていると思う
その代わり
さんまさんの場合、収入面ではみじめでないと思う・・・・自分を正当化するようにTV番組で冗談を交えて本当に語っていた
しかし、同じお笑い界にいる、又吉直樹とは比較にならないほど、一般教養の話題にはついていけない
物事の表面的な部分でのみお笑いを受ける天才ということか?
本日、又吉直樹さんは、NHKの番組で平成30年を語ると称して、堺屋太一さんとラジオの番組で対談されている
明石家さんまはこの時、堺屋太一さんには呼ばれないタレントということになる

広辞苑で「教養」を調べると
:一定の文化理想を体得し、それに準じてあらゆる個人的精神能力の統一的創造的発達を身につけておること。:
と書かれている
知っていたり、説明できるのではなく、体得して身につけていることが、教養の要点ということになる
要は実践して、稽古として時間をかけて身につけたモノでなければ…・教養とは言えない

書道が書ける
生花を生けることが出来る
料理ができる
英会話や外国語をマスターしている
自分の考える、文章が書ける
絵が描ける
その他いろいろ・・・・

今一度、教養を身につける日々の生活を考えてみた

事務所に生けた、ドクダミの花は今日も開いているが、独特の香りはすっかり・・・・・・しなくなった

ドクダミの花2

この記事のURL | いつもの独り言・自然に言う | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ